国際食品規格委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際食品規格委員会は一般にコーデックス委員会と呼ばれる。その名称はCodex Alimentarius(ラテン語:食品法典)に由来する。1962年FAO(国際連合食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)によって設置された政府間組織。Codex Alimentarius Commissionが英語の正式名称、CACと略称されている。加盟国:185カ国および欧州共同体(2013年7月現在)

目的[編集]

  1. 国際的な食品基準を定めることで消費者の健康を守る。
  2. 基準の共通化により貿易の公正さを図る。

組織[編集]

議長と副議長(3名)は定例総会において加盟国が選挙する。総会と執行委員会の下に全般問題規格部会(9部会)、個別食品規格部会(11部会)、地域調整委員会(6委員会)、特別部会(1部会)がある。合同事務局はローマのFAO本部内に設置されている。

外部リンク[編集]