国際鉱物学連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際鉱物学連合(こくさいこうぶつがくれんごう、: International Mineralogical Association、IMA)は、38か国の団体によって構成されている国際組織である。鉱物学の発展と約4,000種の鉱物名の統一を目的としており、国際地質科学連合: International Union of Geological Sciences、IUGS) と連携している。

日本では2006年から2010年まで大阪大学(会長は山中高光)に総会が置かれていた。

ワーキンググループと委員会[編集]

新鉱物・鉱物名委員会 (: Commission on New Minerals, Nomenclature and Classification、CNMMN) を中心に活動している。新鉱物・鉱物名委員会は1959年に創設され、新しく発見された鉱物の命名、既存の鉱物名の改正、および新しく発見された鉱物の鑑定などを行っている。同委員会の委員長を加藤昭1975年から1982年まで務めた。

国際鉱物学連合を構成する主な団体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]