国際連合安全保障理事会決議1441

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議1441
日付: 2002年11月8日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 4644回
コード: S/RES/1441 (UNSCR1441)
文書: 英語

投票: 賛成: 15 棄権: 0 反対: 0
主な内容:
  • イラクに大量破壊兵器の廃棄を要求
  • 大統領施設への査察実施を承認
  • 違反は重大な帰結をもたらすと警告
投票結果: 採択

安全保障理事会(2002年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

非常任理事国
ブルガリアの旗 ブルガリア
カメルーンの旗 カメルーン
コロンビアの旗 コロンビア
ギニアの旗 ギニア
アイルランド共和国の旗 アイルランド
メキシコの旗 メキシコ
モーリシャスの旗 モーリシャス
ノルウェーの旗 ノルウェー
シンガポールの旗 シンガポール
シリアの旗 シリア

国際連合安全保障理事会決議1441(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1441、: United Nations Security Council Resolution 1441)は、2002年11月8日国際連合安全保障理事会で採択されたイラククウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR1441

概要[編集]

国連安保理決議1441は、イラク武装解除を求めるもの。イラクが武装解除義務の重大な不履行を続けていると判断し、さらなる情報開示と査察の全面受入れ求めた。イラクは同年11月13日に受託し、11月27日には1998年以来退去していた国連の武器査察団が査察を再開することになった。決議は全会一致で採択された。

主な内容[編集]

  • イラクが武装解除義務の重大な不履行を続けていると判断
  • イラクに、大量破壊兵器および関連計画について全面的かつ完全な申告を30日以内に提出するよう要求
  • イラクに、直ちに無制限無条件で国連の査察に協力することを要求
  • イラクに、順守の最後の機会を与えたと警告
  • 以前の決議(決議1154)で査察の対象外とされていた大統領施設についても査察を認めるよう要求
  • イラクの違反が続いた場合、それがイラクに対して重大な帰結をもたらしうるものだと再三警告したことを想起


関連項目[編集]

外部リンク[編集]