国際連合安全保障理事会決議第295号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議第295号
日付: 1971年8月3日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 1,573回
コード: S/RES/295
文書: 英語

投票: 賛成: 15 棄権: 0 反対: 0
主な内容: ギニアの提訴
投票結果: 採択

安全保障理事会(1971年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブルンジの旗 ブルンジ
ベルギーの旗 ベルギー
イタリアの旗 イタリア
日本の旗 日本
ニカラグアの旗 ニカラグア
ポーランドの旗 ポーランド
シエラレオネの旗 シエラレオネ
ソマリアの旗 ソマリア
シリアの旗 シリア

国際連合安全保障理事会決議第295号は1971年8月3日に全会一致で採択された安保理決議。セク・トゥーレが指導するギニアの常任代表からの書簡を受け取った後、理事会はその領土の保全と独立を支持し、当局と相談し、直ちに状況を報告するために理事会の3名のメンバーからなる使節をギニアに送ることを決めた。使節は安保理の理事長と国際連合事務総長の間で協議を経て任命された。

ギニア政府からの決議の要求は、1871年初期にギニアのPAIGCの独立軍ゲリラ基地とゲリラ軍の指導者に避難所を与え、支持していた国家体制に対抗してポルトガル人の指揮するポルトガル領ギニア政府が越境侵入したことで行われたものである。これは緑海作戦でギニアの首都であるコクナリの軍事施設を破壊した一年後に行われたものであった。

決議によってこれらの攻撃は収まったが、国境の緊張は1974年4月25日に起きたカーネーション革命によって1974年9月10日にギニアビサウが独立するまで続いた[1]

[編集]

  1. ^ Associated Press (November 23, 1970). "Guinea Reports Invasion From Sea by Portuguese; Lisbon Denies Charge U.N. Council Calls for End to Attack Guinea Reports an Invasion From Sea by Portuguese". The New York Times.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]