国際連合安全保障理事会決議第290号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議第290号
日付: 1970年12月8日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 1,563回
コード: S/RES/290
文書: 英語

投票: 賛成: 11 棄権: 4 反対: 0
主な内容: ギニアの提訴
投票結果: 採択

安全保障理事会(1970年時点)
常任理事国

中華民国の旗 中華民国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

非常任理事国
ブルンジの旗 ブルンジ
コロンビアの旗 コロンビア
スペインの旗 スペイン
フィンランドの旗 フィンランド
ニカラグアの旗 ニカラグア
ネパールの旗 ネパール
ポーランドの旗 ポーランド
シエラレオネの旗 シエラレオネ
シリアの旗 シリア
ザンビアの旗 ザンビア

国際連合安全保障理事会決議第290号は1970年12月8日に採択された安保理決議。緑海作戦によるポルトガル軍ギニア共和国侵攻を受けて、理事会はエスタド・ノヴォ政権のポルトガル帝国の統治から自由にするためアンゴラモザンビークポルトガル領ギニアを住民の権利を含むこの問題に関するの数多くの以前の決議を再確認した。理事会はギニア共和国への特別使節による報告のポルトガル政府への強い非難を支持し、ギニアに大して完全な補償を払うように要求し、ポルトガルの植民地主義アフリカ平和安全の重大な脅威であると言明した。

理事会はすべての国に大してポルトガルの鎮圧行動の継続を可能とするすべての軍事的・物質的援助の提供を控えるように促し、ポルトガルに速やかにアフリカ領土を解放するように呼びかけた。締結された決議はこれらの行動の繰り返しは令状が直接考慮されるとポルトガルに警告し、ポルトガルの同盟国に理事会に代わってその影響力を発揮するように要請した

この決議はフランススペインイギリスアメリカの棄権を除く11カ国の賛成で通過した

関連項目[編集]

参照[編集]