国際連合人道問題調整事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際連合人道問題調整事務所(こくさいれんごうじんどうもんだいちょうせいじむしょ、UN Office for Coordination of Humanitarian Affairs (UN OCHA))は、国際連合災害救済調整官事務所(UNDRO)及び国際連合人道問題局(DHA)を母体とし、1992年に国際連合総会決議46/182によって設立された国際連合事務局の一つ。一般的には「国連人道問題調整事務所」、或いは略称であるOCHA(オチャ)と呼ばれている。本部はニューヨーク及びジュネーヴ

OCHAは、さまざまな自然災害紛争災害の場で人道援助活動を効果的に行えるようにするために、他の国連・国際機関や政府と協力して調整するのが主な役割である。アジア、アフリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカなど世界35ヶ国以上に2,000人弱のスタッフを抱えている。

1999年、日本では神戸のHAT神戸WHO健康開発総合研究センターのある国際健康開発センタービルに最初のスタッフを送り、2002年に正式にOCHA神戸(OCHA Kobe)として開設された。後に移転し、現在は、隣接の人と防災未来センター東館に事務所を置き、2012年からは、日本の関係機関とのパートナーシップを通じて、緊急時対応と備えの強化を推進するため、業務を刷新した。尚、2011年まであったリリーフウェブ(ReliefWeb)と呼ばれる災害情報発信部門のアジアハブとしての機能は、2011年末にタイのバンコクに移転。

本部・事務所[編集]

  • 本部
    • ジュネーヴ
    • ニューヨーク
  • 事務所
    • 神戸

外部リンク[編集]