国際解剖学会連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際解剖学会連合(こくさいかいぼうがっかいれんごう、英:International Federation of Associations of Anatomists、IFAA)は、解剖学分野の国際学会。1903年にイタリアジェノバで開催された第一回総会にその起源を持つ。

用語委員会[編集]

国際解剖学会連合は分科会の国際解剖学用語委員会(Federative International Committee on Anatomical Terminology, FICAT)で、生物医学周辺分野で利用される解剖学用語の国際的な標準を提供する目的で Terminologia Anatomica(TA)の編集を行っている。

最初の解剖学用語委員会のメンバーは、1989年ブラジルの第13回国際解剖学会議で選出された。委員は9年間会合を重ね、1998年に Terminologia Anatomica の第一版を発行した。

国際解剖学会議[編集]

国際解剖学会連合は約5年間隔で国際解剖学会議(International Congress of the IFAA)というカンファレンスを開催している。ただ第一次大戦を挟む20年と第二次大戦を挟む14年は空白期間となっている。

タイトル 開催年と開催時期 開催された国 開催地 会場 特記事項 ウェブサイト
第1回 1903年 イタリアの旗 イタリア ジェノバ - - -
第2回 1910年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル - - -
第3回 1930年 オランダの旗 オランダ アムステルダム - - -
第4回 1936年 イタリアの旗 イタリア ミラノ - - -
第5回 1950年 7月25日∼28日 イギリスの旗 イギリス オックスフォード - Nomina Anatomica 編纂委員(IANC) の選出 -
第6回 1955年 フランスの旗 フランス パリ - Nomina Anatomica 第一版 の承認 -
第7回 1960年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク - Nomina Anatomica 第二版 の承認 -
第8回 1965年 ドイツの旗 ドイツ ヴィースバーデン - Nomina Anatomica 第三版 の承認 -
第9回 1970年 8月 ロシアの旗 ロシア レニングラード - - -
第10回 1975年 8月 日本の旗 日本 東京 - Nomina Anatomica 第四版 の承認 -
第11回 1980年 8月 メキシコの旗 メキシコ メキシコ・シティ - Nomina Anatomica 第五版 の承認 -
第12回 1985年 8月 イギリスの旗 イギリス ロンドン - Nomina Anatomica 第六版 の承認 -
第13回 1989年 ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ - Terminologia Anatomica 編纂委員(FCAT) の選出 -
第14回 1994年 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン - - -
第15回 1999年 9月11日∼9月16日 イタリアの旗 イタリア ローマ - - -
第16回 2004年 8月22日∼27日 日本の旗 日本 京都 京都国際会議場 - -
第17回 2009年 8月16日∼20日 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ケープタウン - - ホームページ
第18回 2014年 中華人民共和国の旗 中国 北京 - - -

参考文献[編集]

外部リンク[編集]