国際緊急経済権限法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際緊急経済権限法(若しくは、国際非常時経済権限法 INTERNATIONAL EMERGENCY ECONOMIC POWERS ACT 略称 IEEPA)は、 1977年10月28日より施行されたアメリカ合衆国法律合衆国法典第50編第35章§§1701-1707により規定されている[1]

概要[編集]

安全保障外交政策経済に対する異例かつ重大な脅威に対し、非常事態宣言後、金融制裁にて、その脅威に対処する。具体的には、攻撃を企む外国の組織もしくは外国人の資産没収(米国の司法権の対象となる資産)、外国為替取引・通貨及び有価証券の輸出入の規制・禁止などである。

適用されている人物及び団体[2][編集]

適用国[9][編集]

過去の適用国[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 50 USC Chapter 35 - INTERNATIONAL EMERGENCY ECONOMIC POWERS(英語)
  2. ^ U.S. Treasury, Office of Foreign Asset Control, Sanctions Programs and Country Information(英語)
  3. ^ Treasury Imposes Sanctions On Key Members Of The Yakuza And Brothers’ Circle Criminal Organizations(2012年2月23日)(英語)
  4. ^ 米財務省、住吉会を制裁対象に…山口組に続き
  5. ^ Treasury Sanctions Members and Associates of Japanese Criminal Organization(英語)
  6. ^ Treasury Targets Leading Figures of Transnational Criminal Organizations(英語)
  7. ^ Treasury Sanctions Members of Japanese Criminal Organization 12/19/2013(英語) アメリカ合衆国財務省
  8. ^ Transnational Criminal Organizations Designations7/2/2014(英語)アメリカ合衆国財務省
  9. ^ U.S. Treasury, Office of Foreign Asset Control, Sanctions Programs and Country Information(英語)

外部リンク[編集]