国際海洋法裁判所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルベ川から望む国際海洋法裁判所(ドイツハンブルク

国際海洋法裁判所(こくさいかいようほうさいばんしょ、International Tribunal for the Law of the Sea)は、国際連合海洋法条約に基づき1996年に発足した常設的な国際司法裁判機関である。英語での略称はITLOS

海洋法条約の解釈、または、適用から生ずる紛争を優先的に管轄している。

活動[編集]

国際連合海洋法条約に基づいて付託され、海洋に関するあらゆる国際紛争を解決する。

1996年から2007年までの12年間で、付託された紛争は15件。なお、日本はみなみまぐろ事件(1999年)、第88豊進丸事件第53富丸事件(2007年)において当事者となっている。

組織[編集]

ハンブルクに所在する。職員数は34名。

裁判官[編集]

裁判官数は現在21名。裁判官は裁判所には常駐せず裁判がある場合にのみ裁判所に滞在する。

裁判官は条約締約国の選挙において選出される。裁判官の任期は9年間で、3年に一度、員数の3分の1ずつが改選される。当選には3分の2以上の得票が必要で、当選者が決定しない場合、決定するまで何度も投票が行われる。

なお、裁判官は地域的・文化的に均衡が取れているように配慮された議席配分がなされている。

日本人の裁判官[編集]

1996年より2004年まで、初代裁判官の1人として山本草二上智大学教授が就任、9年間裁判官を務めた。

2005年6月22日の選挙において柳井俊二・現中央大学法科大学院教授・前駐米大使が当選して同年10月より日本人で二人目の裁判官となった。2011年10月には日本人としてはじめて所長に選出されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯53度33分4秒 東経9度51分3秒 / 北緯53.55111度 東経9.85083度 / 53.55111; 9.85083