国際哲学オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際哲学オリンピック(International Philosophy Olympiad,IPO)は1993年に6カ国を代表する6人の高校・大学の哲学教師が協力して始めた、高校生のための哲学エッセー・コンテストである。参加国が交替で会場を引き受け、毎年5月に実施する。各参加国は国内予選を経て、高校生二人を代表としてIPOに送ることができる(ホスト国に限り、10人の高校生を出場させることができる)。IPOは国際哲学協会連盟(Fédération Internationale des Sociétés de Philosophie, FISP)の後援を受け、ユネスコの協賛で開催する。

代表として出場する高校生は、各国の委員会が提出する課題のうち、FISPが選んだ四つの課題から一題を選択して、制限時間4時間以内に、哲学エッセーを書く。使用する言語は、英語ドイツ語フランス語のうち、自分の母語以外のものを選ぶ。最近では代表の9割程度が英語でエッセーを書いている。エッセーは執筆者を伏せた匿名の状態で審査委員によって厳密に審査され、審査が終了した段階で各エッセーの執筆者が明らかとなり、金、銀、銅メダルの受賞者がきまる。

2008年ルーマニア大会では、参加国数は23か国、出場した高校生数は53人であった。日本は2001年の第9回アメリカ大会以来毎年参加している。2002年の第10回日本大会は、日本のIPO組織委員会が主催者となり、東京の国際連合大学を会場として実施した。

日本予選[編集]

日本からは二人が出場する。日本における予選の詳細は敬和学園大学のHPで発表される([1])。

毎年、4つほどのテーマが事務局から発表される。参加者はそこから一つを選んで、A4用紙で3~5枚程度の長さ、日本語で4000字~5000字程度のエッセイを書く。書いたエッセイを敬和学園大学のIPO事務局に郵送する。

提出されたエッセイの中から金賞2名(国際大会への参加資格)、銀賞2名(1万円図書カード)、銅賞3名(5千円図書カード)が選ばれる。

年次[編集]

開催年 開催された国 開催地 リンク
第1回 1993年 ブルガリアの旗 ブルガリア ? -
第2回 1994年 ブルガリアの旗 ブルガリア ペトリチ -
第3回 1995年 ブルガリアの旗 ブルガリア スタラ・ザゴラ -
第4回 1996年 トルコの旗 トルコ イスタンブル -
第5回 1997年 ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ -
第6回 1998年 ルーマニアの旗 ルーマニア ブラショフ -
第7回 1999年 ハンガリーの旗 ハンガリー ブダペスト -
第8回 2000年 ドイツの旗 ドイツ ミュンスター -
第9回 2001年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フィラデルフィア -
第10回 2002年 日本の旗 日本 東京 国際連合大学 -
第11回 2003年 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノス・アイレス -
第12回 2004年 韓国の旗 韓国 ソウル -
第13回 2005年 ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ -
第14回 2006年 イタリアの旗 イタリア コゼンツァ -
第15回 2007年 トルコの旗 トルコ アンタルヤ -
第16回 2008年 ルーマニアの旗 ルーマニア ヤシ -
第17回 2009年 フィンランドの旗 フィンランド ヘルシンキ -
第18回 2010年 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ -
第19回 2011年 オーストラリアの旗 オーストラリア ウイーン -
第20回 2012年 ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ -
第21回 2013年 デンマークの旗 デンマーク オーデンセ -
第22回 2014年 リトアニアの旗 リトアニア ヴィリニュス -

外部リンク[編集]