国際マーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際マーケティング(international marketing)とはマーケティングの考えの一部門である。

概要[編集]

  • 国際マーケティングは、外国を相手にマーケティングを行うこと。インターナショナルなので、国をまたいで商売するイメージ。輸出マーケティングとも言える。
  • 戦後日本の経済発展にともない、グローバル化した日本企業のマーケティング活動は、輸出マーケティングから国際マーケティングへと変質してきた。輸出マーケティングとは、工業製品の大量生産が確立し、国内市場では販売しきれない程の過剰生産能力が形成された場合、余剰商品を海外市場に向けて効果的に輸出するために遂行される企業行動を指す。他方、国際マーケティングとは、多国籍企業が世界中に分散立地させている複数の海外子会社(生産・販売・研究開発拠点など)の活動を有機的に組織化し、原材料・半製品・完成品の国家間移動を企業内貿易として工程化・システム化する方策を意味している。
  • 1960年代に誕生した国際マーケティングは、1970年代に誕生したソーシャル・マーケティングとともに発展し、1990年代になってグローバル・マーケティングへと発展した。

研究会派[編集]

主に明治大学とその出身者を中心に研究をされている。

主な研究者[編集]


関連項目[編集]