国際セリ名簿基準委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際セリ名簿基準委員会(こくさいセリめいぼきじゅんいいんかい、英文表記:International Cataloguing Standard Committee)とは、競走馬セリを行う際にその馬に関する実績などの表記を標準化するための委員会である。略称はICSC

概要[編集]

サラブレッドの生産、競走セリ市の国際化が進展する状況を踏まえ、1981年に「全世界的にセリ名簿の記載基準の統一性を確立すること」を目的として、ICSCが組織された。

国ごとに異なるレベルにある競馬の競走をパートI、パートII、パートIII、パートIV(障害競走)というカテゴリに分け、そのランクを統一した基準で示す。

パートIに認定された国は、その国のG格付け(グレード、またはグループ)が直接ICSCの定める国際格付けとなる。その一方で、すべてのG格付け競走(重賞競走)は国際開放しなければならない。日本は2007年にパートI国に認定された。

ICSCにGI認定された競走はセリ名簿にて太字(ボールドタイプ)で記載することが可能である。

認定国[編集]

2013年現在。"2013 International Cataloguing Standards Book"より。

パートI[編集]

すべての国際競走に国際グレード(国際グループ)の格付けが適用される。

パートII[編集]

一部の国際競走に国際グレード(国際グループ)の格付けが適用される。

パートIII[編集]

  • エクアドル
  • オーストリア
  • オランダ
  • カタール
  • 韓国
  • コロンビア
  • サウジアラビア
  • ジャマイカ
  • スイス
  • スペイン
  • スロバキア
  • チェコ
  • トリニダード・トバゴ
  • ドミニカ共和国
  • ベルギー[7]
  • ポーランド
  • メキシコ
  • モーリシャス

パートIV[編集]

障害競走を開催する国。

  • アイルランド
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • イタリア
  • オーストラリア
  • スイス
  • チェコ
  • ドイツ
  • 日本
  • ニュージーランド
  • フランス

脚注[編集]

  1. ^ 2006年以前はパートII
  2. ^ 中央競馬については2-3歳限定戦は2009年から段階開放し、2010年から完全開放された。また国際格付けの基準を満たしていなかった重賞については2009年まで日本国内限定グレード「Jpn(I・II・III)」を使用していた。2009年以後、国際格付け基準を満たしていない重賞競走はグレードなしの「(新設)重賞」扱い(1年目「新設重賞」、2年目以後「重賞」と表記)となっている。地方競馬については2011年から国際競走となった東京大賞典をのぞいて2013年現在も外国馬への開放がなされていないためJpnグレードを採用している。
  3. ^ 1985年から1991年まではパートI。
  4. ^ シンガポール・マレーシアの2か国でマラヤン・レーシング・アソシエーションを組織している。
  5. ^ 2006年以前はパートIの南アフリカ統轄の一部。
  6. ^ 2008年以前はパートIII。
  7. ^ 2013年からパート入り。

関連項目[編集]