国民精神総動員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
政府が作成した豪華版ポスター「雄飛報国之秋」

国民精神総動員(こくみんせいしんそうどういん)は、第一次近衛内閣1937年昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動[1]。略して精動とも言った。

概要[編集]

1937年(昭和12年)7月7日に起こった、盧溝橋事件以降の、支那事変に関連し、第一次近衛内閣が推進して行った運動。目的は「八紘一宇」「挙国一致」「堅忍持久」の三つのスローガンを掲げ、国民全員を戦争遂行に協力させようとしたものである。古参の軍人・官僚を幹部とし、興亜奉公日[2]を設けるなど、戦時体制構築と社会不満の一掃に努めた。

 長期戦と物資不足が懸念されていた日中戦争及び太平洋戦争(大東亜戦争)に於いて、国民の戦意昂揚のため、「贅沢は敵だ!」「日本人なら贅沢は出来ないはずだ!」「欲しがりません勝つまでは」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」「遂げよ聖戦 興せよ東亜」「聖戦だ 己れ殺して 国生かせ」「石油の一滴、血の一滴」「全てを戦争へ」などの標語を掲げて、国民に理不尽な耐乏生活を強いた[3]。この頃には、飯の真ん中に梅干しを1個乗せただけの「日の丸弁当」奨励、「パーマネントはやめましょう」、国民服モンペ姿を男女の制服として推奨した教化運動なども叫ばれた[4]

推進機関として、官側に国民精神総動員委員会、民側に国民精神総動員中央連盟が置かれ、官民二本立てで進められた。パンフレットや宣伝映画・ラジオなど、メディアを使った宣伝に努めたが、上意下達の運動の限界を早くも露呈、一般社会には不満が鬱積し始めた。1940年に内閣総理大臣を会長とする国民精神総動員本部に一本化されたのを期に、今度は上流階級を狙い撃ちにする戦術に改められ、一定の効果をあげた。しかし、生みの親であった近衛を中心とする新体制運動のうねりに巻き込まれ、最後は大政翼賛会に吸収された。

標語一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 消費節約、貯蓄奨励、勤労奉仕、生活改善など
  2. ^ 1937年9月1により実施、毎月1日遠山茂樹, 今井清一 & 藤原彰 1959, p. 164
  3. ^ このような標語に対し、一般国民の中には「贅沢は敵だ!」に「素」の字を書き加えて「贅沢は素敵だ!」と皮肉ったり、「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」から「工」の字を消して「足らぬ足らぬは夫が足らぬ」(軍部の命令によって家庭の重要な働き手である男達が次々に戦場へ駆り出されて少なくなっていく有様を風刺している)と揶揄するなど、政府の横暴に対する間接的な批判を試みた者も少なからず存在した。
  4. ^ 遠山茂樹, 今井清一 & 藤原彰 1959, p. 164.

参考文献[編集]

  • 遠山茂樹 『昭和史』 岩波書店〈岩波新書, 青-355〉、1959年、新版。ISBN 4004131308
  • 井上寿一 『理想だらけの戦時下日本』 筑摩書房〈ちくま新書, 1002〉、2013年ISBN 4480067111

関連項目[編集]

外部リンク[編集]