国民民主党 (ネパール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国民民主党(こくみんみんしゅとう、ネパール語: राष्ट्रिय प्रजातन्त्र पार्टी: Rastriya Prajatantra Party)は、ネパールの政党。「国家民主党」とも。ネパールが立憲君主制を採用した後、議会王党派の立場をとってきたが2008年4月10日制憲議会選挙では8議席と惨敗し、王制廃止に賛成した。党首はプシュパティ・SJB・ラナ(Pashupati SJB Rana)。過去にロケンドラ・バハドゥール・チャンドスリア・バハドゥール・タパの二人の首相がそれぞれ2回、内閣を組織している。

2005年国民民主党ネパールが分派している。

関連項目[編集]