国民民主党ネパール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国民民主党ネパール(こくみんみんしゅとうネパール、英:Rastriya Prajatantra Party Nepal)は、ネパール右派政党、旧王党派2005年、同じく右派政党の国民民主党から分裂。党首ギャネンドラ国王親政時代の内務大臣であったカマル・タパ

主要7党派がボイコットした2006年の統一地方選挙ではカトマンズ市長はじめ多くの市長を当選させた。

2008年4月10日ネパール制憲議会選挙で4議席確保。5月28日王制廃止の採決では反対票を投じた唯一の政党。

8月15日首相選挙では毛沢東派プラチャンダに投票した。これに対して党首のカマル・タパに反発する幹部が大量に離党し、国民民主党に入党するという事態が起こっている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Nepalnews.com Aug.21 2008