国内排出権取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国内排出権取引(こくないはいしゅつけんとりひき)とは、CO2等を排出する権利を、国内市場内で売買する制度。アメリカ合衆国SOx排出量取引制度が全体のSOx排出量の削減に効果をあげたことから、他の有害ガスの削減に対して有望視されるようになった、経済的削減手法。

京都メカニズム排出量取引は、これを国際市場で運用しようとするもの。