囲連星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

囲連星(いれんせい)は、碁盤碁石を使って行うボードゲーム五目並べ囲碁が複合されたルールとなっている。

1987年東陶基伊田正規の対局中に生まれ、2005年に日本囲連星協会が設立された。

囲連星の特徴[編集]

囲碁で使用する碁盤・碁石を使うので囲連星用の道具は特に必要ない。

五目並べの様に先に縦・横・斜めいずれかに七連を作った方が勝ちとなる。また囲碁のルールも踏まえており相手の石を囲んで取ることも可能である。

ただし以上のルールだけ(かんたん囲連星)だと競技として成り立たないため正式には競技用のルールが追加される。

五目並べと異なり必勝法も見つかっていないため、少ない禁手で対局が出来るようになっている。

対局時間も囲碁より短いことが多い。

囲連星のルール[編集]

  • 先手後手交互に打っていき、先に縦横斜めに石を7つ並べると勝ち。
  • 相手の石の一団の周囲すべて(上下左右方向に繋がっているものとみなす)を自分の石で取り囲んだ場合、その取り囲まれた石を盤上から取り除く(囲碁と同様)。
    • それ自身が取られてしまうような場所に石は打てない。ただし、それによって相手の石を取れる場合、ならびに打った石で自分の石が7つ並ぶ場合はこの限りではない。
    • コウは囲碁同様の制限がある(即座に石を取り返して元の盤面に戻すことは認められない)。

競技用ルールとして以下の2点が追加される。

  • 黒は8つ以上の石を並べると反則負け。白は8つ以上でもよい。
  • 一線、二線の石(隅の石)は7連にはカウントしない。

棋戦[編集]

現在行われている棋戦は3つあり、行われる予定のもの、行われていたものを合わせると5つになる。

  • 現在(2007年6月16日現在)行われている棋戦
    • 名人戦 最強者決定戦
    • テクノエイド杯 年間最多優勝者は棋星位が贈られる。
    • 伊田名人追悼杯
    • 連王戦 2本制の棋戦
      • 初代連王 アーノルド・リマー
  • 過去に行われていた棋戦
    • 定例会 テクノエイド杯に吸収

PCゲーム化[編集]

創始者である東陶基が自らの私財を投じ、パソコン用のフリーソフトが開発され2006年4月に完成した。

CPU対戦以外にも思考ルーチンをユーザーが作成することが可能となっており、プログラムが得意な人にも楽しめるゲームとなっている。

メディア掲載歴[編集]

囲連星の公式HPに公開されているフリーソフトのメディア掲載歴の紹介。

  • Webページ
  • 雑誌
    • 「脳活フリーソフト ベストセレクション」晋遊舎・2011年10月
    • 「Mr.PC Vol.8 2010年2月号」晋遊舎・2010年1月
    • 「週刊アスキー2009年11月3日号 Windows7発売記念特大号」アスキー・2009年10月
    • 「別冊週刊アスキー ウィンドウズVistaに強力に効く!!フリーソフト500」アスキー・2008年2月
    • 「ゲーム業界激震!次世代フリーゲームの殿堂」英和出版社・2007年4月
    • 「Windows100%」晋遊舎・2006年11月

プログラムコンテスト[編集]

プログラムを作成する事で最大10万円が協会から賞金として支給される。条件は競技者との対戦である程度の強さを示すことが必要となっている。

2006年11月に赤桐雅司作成のAIが対人初級レベルAIを獲得した。

外部リンク[編集]