四門出遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四門出遊(しもんしゅつゆう)は、釈迦がまだ太子の時、王城の東西南北の四つの門から郊外に出掛け、それぞれの門の外で老人、病人、死者、修行者に出会い、人生の苦しみを目のあたりに見て、苦諦に対する目を開き、出家を決意したという伝説。

関連項目[編集]

関連文献[編集]