四行連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

四行連(よんぎょうれん;四行連句quatrain, クウォートレインクワトレイン)は、4行で構成されるスタンザ(詩節、連)のこと。狭義の「quatrain」は、4行のみで作られた四行詩四行連詩)を指す。ヨーロッパの詩の中で最も一般的なスタンザ形式である。押韻構成は「aabb」「abab」「abba」「abcb」などでなる。

基本形式[編集]

aabb[編集]

Tyger! Tyger! burning bright
In the forests of the night,
What immortal hand or eye
Could frame thy fearful symmetry?
-- ウィリアム・ブレイク『虎』(en:The Tyger

abab[編集]

"The wind doth blow today, my love
And a few small drops of rain;
I never had but one true-love
In cold grave she was lain.
-- イギリス民謡『The Unquiet Grave』(en:The Unquiet Grave

abba[編集]

envelope stanzaまたはintroverted quatrainとも呼ばれる。

Strong Son of God, immortal Love,
       Whom we, that have not seen thy face,
       By faith, and faith alone, embrace,
Believing where we cannot prove;
-- アルフレッド・テニスン『In Memoriam A.H.H.』(en:In Memoriam A.H.H.

abcb[編集]

There lived a wife at Usher's Well,
And a wealthy wife was she;
She had three stout and stalwart sons,
And sent them over the sea.
-- バラッド『The Wife of Usher's Well』(en:The Wife of Usher's Well

aaba[編集]

ウマル・ハイヤームが『ルバイヤート』で使ったもの。ルバーイイen:Ruba'i)と呼ばれる。

Awake! for Morning in the Bowl of Night,
Has flung the Stone that puts the stars to flight:
And Lo! the Hunter of the East has caught
The Sultan's Turret in a Noose of light.
-- エドワード・フィッツジェラルド(en:Edward FitzGerald (poet))が英訳した『ルバイヤート』

それ以外の形式[編集]

heroic stanzaまたはelegiac stanza[編集]

iambic pentameter(弱強五歩格)で書かれ、押韻構成は「abab」)

The Curfew tolls the knell of parting day,
The lowing herd wind slowly o'er the lea,
The plowman homeward plods his weary way,
And leaves the world to darkness and to me.
-- トマス・グレイ『墓畔の哀歌』Elegy Written in a Country Church-yard

七言絶句[編集]

漢詩日本の詩で使われる。詳細は絶句を参照。

バラッド律[編集]

バラッド律バラッド格調ballad metre)。前述した詩で『The Unquiet Grave』と『The Wife of Usher's Well』はこの韻律で書かれている。

賛美歌の韻律[編集]

賛美歌は、普通律賛美歌調common meter)、long metershort meterなどさまざまな形式を使っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]