四国化工機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四国化工機 株式会社
Shikoku Kakoki Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
771-0287
徳島県板野郡北島町太郎八須字西の川10-1
設立 1961年昭和36年)5月
業種 機械
事業内容 充填包装機・前処理装置・CIP装置・包装システムの設計/製造/販売、プラントエンジニアリング
代表者 代表取締役社長 植田滋
資本金 1億4,500万円
従業員数 698名
外部リンク www.shikoku-kakoki.co.jp/
テンプレートを表示

四国化工機株式会社(しこくかこうき)は、徳島県板野郡北島町に本社を置く企業である。

液体飲料用充填機の製作販売、包装資材の企画・販売、「さとの雪」ブランドの豆腐製造を行っており、特に、屋根型紙容器(ゲーブルトップカートン)に牛乳などを充填する機械に関しては、日本国内で70%のシェアを持つ。

会社概要[編集]

  • 沿革:1961年昭和36年)5月 設立
  • 代表者:代表取締役社長 植田滋
  • 資本金:1億4500万円
  • 本社所在地:徳島県板野郡北島町太郎八須字西の川10-1


食品産業向けタンクを中心とした装置メーカーとして1961年にスタートし、乳酸菌飲料用のプラスチックボトル充填シール機の開発を皮切りとした食品機械メーカー。 カップ充填機や、カップ麺充填シール機などを相次いで開発し、当時、外国から輸入された充填機が占めるなか、国産機としては初となる屋根型の紙容器成形充填機の開発を手掛ける。 その開発が充填機械の先駆けとなり、牛乳やジュース、お酒などの飲料や、ヨーグルト、プリン、アイスクリーム等のデザートだけでなく、カップ麺、カレールー、味噌、マーガリンなど様々な食品に対応する充填機を販売している。 中でも日本における牛乳パック等に対応した紙容器成形充填機は国内シェア約70%を獲得。 国内のみならずでなく欧米を中心に世界40ヶ国以上に進出中。

また、プラントエンジニアリングにも力を入れており、新しい工場の建設、既存工場の改善などの要望に応えるべく、 工場新設や増設、改設など様々なプラン設計・据付・施工・生産立会いまで一貫した工場づくりをバックアップしている。 自社で設計・施工した飲料工場、豆腐工場で数多くの実績や豊富な経験があることも四国化工機の強みであり、 乳業界を始め乳酸菌業界、清涼飲料業界、惣菜業界、豆腐業界など様々な業界で培った経験・ノウハウを活かし、 食の「安全・安心」を優先に考えるのはもちろん、省力化・アセプティック化・ESL化・HACCP対応・PL対応・ECO対応など、 お客様のさまざまなニーズに対応できるプラントエンジニアリングを行っている。

機械単体での設計・製作・据付・調整・生産立会いも行っており、各種包装機械・検査機械を取り扱っている。



外部リンク[編集]