四五式二十四糎榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
45式24センチ榴弾砲
Japanese Type 45 240 mm howitzer.jpg
種類 榴弾砲攻城砲
原開発国 日本の旗 日本
運用史
配備期間 1912-1945
配備先 War flag of the Imperial Japanese Army.svg大日本帝国陸軍
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
日中戦争
第二次世界大戦
開発史
製造数 80
諸元
重量 33,058kg
銃身 3.892m
要員数 9名

口径 240mm
砲身 3.892m
砲尾 階段断隔螺式
仰角 -2~+65度
旋回角 360度
初速 350m/秒
最大射程 10,350m
後姿 砲弾を乗せた装填装置が見える

四五式二十四糎榴弾砲(よんごしきにじゅうよんせんちりゅうだんほう)は、大日本帝国陸軍1912年(明治45年)に制式化した榴弾砲攻城砲)である。なお、本稿では24センチ榴弾砲の原型として設計・開発された四五式二十糎榴弾砲についても説明する。

概要[編集]

日本日露戦争後に、その戦訓を生かして開発した攻城砲である。攻城砲とは、堅固な敵野戦陣地の攻撃や、海岸防衛用に使用する非常に大威力の火砲で、榴弾砲の場合は敵の陣地または砲塔に曲射弾道によって直撃、破壊することを目的とする。

本砲は当初、20cm砲として設計が開始されたが、20cmでは威力不足であるとの意見が陸軍内で出たため、24cmに口径を拡大して再設計された。したがって後述する四五式20センチ榴弾砲とは、スケールが異なるだけで形状や機構はまったく同一である。

特徴[編集]

本砲は、日本の火砲として初の空気式駐退復座機を採用し、砲身長後座機能を持つ画期的な砲であった。

砲床は組立式で、まず地面に穴を掘り、鋼製の扇状板と鋼材の支柱による砲床を組立て、地中に埋没させた後、その上に起重機を使用して砲架、砲身の順に組立てた。砲床は円状であるため、360度全周させることができた。運搬は、各部を分解して15両の車輌に分載し、馬でばん曳した。

運用[編集]

本砲は1914年(大正3年)、第一次世界大戦における青島攻略戦ではじめて実戦に投入され、ドイツ軍の陣地攻撃に威力を発揮した。その後、日中戦争第二次世界大戦では使用機会が減少したが、1941年香港攻略戦ではイギリス軍香港島要塞攻撃に使用されている。またフィリピンの戦いにおいても、バターン半島の戦いや、コレヒドール要塞の攻略戦に投入された記録がある。[1]

大戦末期には、ソ連赤軍に対する防衛のため満州にも配置された。[2]

四五式20センチ榴弾砲[編集]

当初設計された20cm榴弾砲も、24cm砲とともに45式として制式化されている。この20cm榴弾砲も青島攻略戦に参加したが、腔発事故が発生したことや、実戦における威力不足が確認されたこともあり、まもなくすべての砲がロシア帝国に売却された。諸元は以下の通り。 なお、本砲に関する写真資料は残っておらず、現在に至るまで確認されていない。

四五式20センチ榴弾砲

  • 口径:200mm
  • 砲身長:318cm
  • 重量:約21,000kg
  • 初速:480m/秒
  • 最大射程:10,350mm

外部リンク[編集]

関連項目[編集]