四の字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上海のあるビルのエレベーター、4, 13, 14 階がない。

四の字(しのじ)とは、漢字文化圏迷信において、と音が通じることから忌み数とされる漢数字の「」のことである[1]

概要[編集]

漢字文化圏のうち、一部地域では漢字の「」と「」が同音であり、他の地域でも音が非常に近い。

日本語 [ɕi] [ɕi]
朝鮮語 [sɑ] [sɑ]
普通話 [sɿ˥˩] [sɿ˨˩˦]
客家語 si3 si4
広東語 sei3 sei2
ベトナム語 tứ tử

このため、漢数字の四を不吉と見なす迷信があり、二字が同音となる日本などで特に四が忌避される。の連想を嫌う病院では特に忌避が強く、後述の通り病室の番号に「4」の数字を使用することは避けられる傾向がある。

日本[編集]

歴史[編集]

日本では平安時代から四を忌避することがあった。『小右記』天元五年(982年)三月十一日の条に、四人を忌んで五人にしたという記述がある[2]。これは4 を嫌った例だが、数ではなく音の「し」を忌むだけのほうが多かった。このため、和語数詞を使い、「四」(し)を避けて「よ」を用いることが行われた。例えば「四人」を「しにん」ではなく「よったり」あるいは「よにん」と呼んだ。

大永二年(1522年)に足利義晴祇園会を見物した時の記録である『祇園会御見物御成記』の献立には、「二、三、よ、五」と記されている[2]。また、重箱は四段のものが正式だが、上から順に一の重、二の重、三の重、与の重(よのじゅう)と呼び、四の重(しのじゅう)とは呼ばない。同様に、本膳料理で五膳あるいは七膳まである時、本膳、二の膳、三の膳、与の膳(よのぜん)、五の膳と呼び、四の膳(しのぜん)とは呼ばない。

四つを意味する Xi (四) は或語とは一緒に使はれない。それは死とか死ぬるとかを意味する Xi (死) の語と同音異義であって,異教徒は甚だしく嫌ひ,かかる語に接続した四つの意の Xi (四) はひびきがよくないからである。従って,その代りに‘よみ’の yo (よ) を使ふ。‘こゑ’でありながら主として使はれない語は次にあげるものであって,その他にも実例が教へてくれるものがある。

Do (度) は Xido (四度) と言はないで Yodo (よど) といふ。
Rui (類) は Xirui (四類) と言はないで Yorui (よるゐ) といふ。
Nichi (日) は Xinichi (四日) でなく Yocca (よっか) である。
Ri (里) は Xiri (四里) — 尻の意味にもなる — ではなく,Yori (より) である。
Sô (艘) は Xisô (四艘) でなく,Yosô (よそう) である。
Nin (人) は Xinin (四人) — 死人を意味する — でなく,Yottari (よったり) である。
Nen (年) は Xinen (四年) でなく,Yonen (よ年) である。

ジョアン・ロドリゲス日本大文典』第三巻「数名詞に就いて:構成」、1604年[3]

その後、江戸時代には、「むつかしや四の字をきらふ旦那様」(1709年)、「四の字でも小つぶ四つは気にかけず」(1801年)という雑俳が詠まれ[1]、「しの字嫌い」(1768年)という古典落語も作られ、四の忌避を滑稽に感じる向きもあったことが分かる。

日本語の数詞で、4 が「よん」になったのも「し」の忌避と考えられる。

數を呼ぶに、次のように云ふことがある、聞きちがわせぬ爲である。

二百四十番(ふたひゃくよんじうばん)
四百七十九圓(よんひゃくなゝじうきうえん)

大槻文彦『口語法別記』、1917年[4]

当時はまだ「よん」は一般的ではなく、「し」が使われていたことがわかる。ただしこれは東京の話で、大阪では江戸時代にすでに「よん」になっていたという[2]

現在[編集]

静岡市駿河区にある、とある駐車場。4番がない。

現在の日本では、病院やマンションの部屋番号等で4の付く部屋はしばしば飛ばされ、例えば203号室の隣は205号室になっていることが多いが、一方で4階を問題にする例は少なく、3階の真上に5階を設ける高層建築は滅多にない。ナンバープレートの一連指定番号は、下2桁が42, 49のものは要請がない限り払い出されない。それぞれ「死に」、「死苦」(あるいは「轢く」)を連想させるからである。

鉄道車輛の形式付与でも、4000系などの称は避けられる傾向にある。高松琴平電気鉄道ではかつて志度線長尾線向けの車両は2桁の形式だったが、30形(2代目)では番号が39に達した後は40番台を忌み番として避け、29、28、27と付番し、30形(3代目)では2両1組だったため37+38の次は29+30、27+28と付番していた。

うどんなどでも4玉を避ける傾向がある。

四と死の連想は、ビジュアル系ロックバンドやホラー小説作品などでは不吉さの演出などのために積極的に使われる。例えば坂東眞砂子小説死国』(四国と掛けている)がある。

欧米文化の影響で四つ葉のクローバーは縁起がいい。

病院の階数や部屋番号には、4 の他、「苦」に通じる 9 も忌避される。ただし、「九」と「苦」が同音になるのは日本語だけなので、日本だけの風習である。

中国[編集]

中国語では、方言によっては必ずしも「四」と「死」が同音にはならないので、 4 が常に不吉とされているはいえない。風水における四神などのように神聖視されることも少なくない。

中国の軍用機の番号は、瀋陽 J-5のように、4 を避けるために 5 から割り振られる。また、中国初の有人宇宙船は神舟5号であったが、これはその前に四つの無人宇宙船が打ち上げられたためで、これも四の忌避によるものである。[要出典]普通話では「九」と「苦」は全くの別音になるので、中国には 9 を忌避する風習は無い。むしろ逆に、普通話では「九」と「久」はどちらも jiǔ で同音なので、中国では好まれて使われる。

韓国[編集]

韓国では病院には一般に四階がない。他の建物で四階がある場合でも、エレベーターのボタンには 4 の代わりに "F" (four) が書かれていることがある。また、マンションなどの建物では3階のすぐ上が5階となっていることがある。

韓国軍の打ち上げた人工衛星アリランとムグンファには 4 号が存在しない。

北朝鮮[編集]

北朝鮮軍の旅団は「第 4 旅団」が欠けている。

その他[編集]

香港シンガポールなどの漢字文化と西洋文化の混在する地域では、13 と併せて嫌われることもある。そのため、12 階の次が 13, 14 を飛ばして 15 階となっている建築物も存在する。

ストレス[編集]

心理的ストレス心臓病を引き起こすことが知られている。中国人・日本人とアメリカ白人とを比較すると、前者には毎月 4 日に心臓病による死亡率のピークが見られるが、後者にはそのようなピークは見られない[5]。四の字の迷信による心理的ストレスが原因と考えられる。心臓病以外の死亡率は変化がない。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 日本国語大辞典第二版編集委員会, ed. (2001), “四の字”, 日本国語大辞典, 6 (2 ed.), 東京: 小学館, pp. 425, ISBN 4-09-521006-0 
  2. ^ a b c 鈴木博 (1998), “四の字嫌い — 「四」の音「シ」が「死」に通じることを忌む現象について —”, 国語学叢考, 大阪: 清文堂出版, pp. 1-35, ISBN 4-7924-1340-0 
  3. ^ Rodriguez, Ioão (1955), Arte da Lingoa de Iapam (日本大文典), 東京: 三省堂 
  4. ^ 國語調査委員會, ed. (1980), “口語法別記”, 口語法・同別記, 勉誠社 
  5. ^ Phillips, David P.; Liu, George C.; Kwok, Kennon; Jarvinen, Jason R.; Zhang, Wei; Abramson, Ian S. (2001), “The Hound of the Baskervilles effect: natural experiment on the influence of psychological stress on timing of death”, BMJ 323 (7327), http://www.pubmedcentral.nih.gov/picrender.fcgi?artid=61045&blobtype=pdf 

関連項目[編集]