喜多川務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたがわ つとむ
喜多川 2tom
本名 喜多川 務
生年月日 1957年12月21日(56歳)
出生地 日本の旗 日本山口県
ジャンル スタントマン、俳優
主な作品
スーパー戦隊シリーズ
ゴジラシリーズ

喜多川 2tom(きたがわ つとむ、1957年12月21日 - )は、山口県出身の俳優、スタントマンである。ジャパンアクションエンタープライズ所属。特技は中国武術。夫人は『バトルフィーバーJ』で中盤以降ミスアメリカ(のスーツアクトレス)を演じた小野寺えい子[1]。本名は「喜多川 務」。

人物[編集]

身長161センチの小柄なスタントマン。高校時代は体操選手で、インターハイの出場経験があり[1]、俊敏でアクロバティックな動きを得意としている。

スーツアクターとして『バトルフィーバーJ』からスーパー戦隊シリーズに参加し、大葉健二春田純一の代役を経て、『超電子バイオマン』のブルースリー役で本格的に持ち役を抱え、以後、多くのヒーローを演じてきた。

モスラ3 キングギドラ来襲』(1998年)でキングギドラを演じ、『ゴジラ2000 ミレニアム』(1999年)からゴジラを演じた。戦隊シリーズではなかったミニチュアセットの破壊シーンの撮影では、失敗すると多くのスタッフに余計な苦労をさせてしまうため「緊張のあまり腹が痛くなった」という[2]。『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)ではスーツアクションアドバイザーを兼務。

獣拳戦隊ゲキレンジャー』(2007年)では得意としている中国武術を生かし、中国拳法指導を担当した。

エピソード[編集]

彼は、黄色のインナースーツを好んで着用するが、これは特技を生かしてブルース・リーものまねCMに出演していた影響であるという。

前述の代役としての出演は、当時両者の撮影時間の都合によるもの。「機械と野生の対照的な両者の動きで自分が出来上がった」と語る。自身の持ち役の低姿勢の構えは、大葉健二のバトルケニアの影響を受けている。『大戦隊ゴーグルファイブ』の五人同時で飛び降りるブラックは喜多川が演じている。

光戦隊マスクマン』で自身が担当したブルーマスクの役を演じた広田一成から中国拳法の手ほどきを受けた。その後も中国拳法のトレーニングを続け、『五星戦隊ダイレンジャー』ではシシレンジャーのスーツアクターとして広田直伝の中国拳法を見せている。『獣拳戦隊ゲキレンジャー』ではそれを生かし、中国拳法指導として参加している。

3D対戦格闘ゲームのモーションアクターの仕事でも中国拳法の経験が生かされたと、ゲーム関連のインタビューで明かしている。

出演作品[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

後楽園遊園地ヒーローショー[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 安藤幹夫 編 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全 東映スーパー戦隊大全2』 双葉社2004年、255 - 257頁。ISBN 4-575-29688-0
  2. ^ 西川伸司 『日本特撮映画史列伝(1) ゴジラ狂時代』 講談社1999年、206頁。ISBN 4-06-334265-4
  3. ^ 双葉社『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』安藤幹夫編、2003年2月28日、ISBN 4-575-29520-5、250頁。
  4. ^ 「スタントマン29」”. 柴原孝典ブログ「危険請負人」 (2007年1月10日). 2011年5月19日閲覧。
  5. ^ 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』p.266
  6. ^ 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』p.268
  7. ^ a b c d 講談社「テレビマガジン特別編集 スーパー戦隊大全集」
  8. ^ 【クリエイターズファイル】たとえ自分が歳をとっても…JAE モーションアクター喜多川さん”. ジーパラドットコム (2006年11月27日). 2011年5月15日閲覧。
  9. ^ ホビージャパン「宇宙船vol.132」 p.109
  10. ^ 「喜多川務インタビュー」、『東映ヒーローMAX』第39号、辰巳出版、2011年。
  11. ^ 「340presents「伊吹祭」/「隠れ祭」」、『東映ヒーローMAX』Vol.34号、辰巳出版、2010年9月、 76頁、 ISBN 978-4-7778-0808-3
  12. ^ 中川素州オフィシャルブログ「なりたくないヒーロー(汗)」より(2013年1月24日閲覧)

外部リンク[編集]