問題解決学習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

問題解決学習法(もんだいかいけつがくしゅう、Problem-Solving-Learning)とは、アメリカの教育学者のジョン・デューイの学習理論。学習を能動的なものと規定し、知識の暗記にみられる受動的なものを脱却し、自ら問題を発見し解決していく能力を身につけていくことに本質をもとめた[1]

概要[編集]

デューイは、マックマスター大学の付属の実験学校において、社会科の授業の中で初めて「問題解決学習」を試みた。教師が予め準備した授業案に従って学習するのではなく、与えられたテーマ(たとえば「私たちの町」というテーマ)について、個々の生徒が平素、疑問に思っていることについて、それぞれそれはどうしてだろう?と考え、その仮説が理にかなうかどうか、自分たちの足や頭、インタビューや実地調査をして確認していく。もし外れているなら、また新しい仮説として立ててみる。その悪戦苦闘を繰り返す、試行錯誤のプロセスの中に、学習の目的があるし、またその過程そのものが学習といってもいい、とデューイは考えた。すなわち、最終的に答え・正しい解決に到達したかどうかよりも、むしろその過程を重要視する学習理論といえる。

教師が準備し、設計したステップを踏んで学んでいく系統学習ではなく、生徒自身の自発性、関心、能動的な姿勢から、自ら体験的に学んでいく努力の価値を評価するということである。人によっては、課題解決学習という言い方をすることもある。そうした学習方法のひとつの具体例として、生徒自らが問題を作り、解くというものがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • ジョン・デューイ 『学校と社会』 岩波書店岩波文庫〉、1957年ISBN 4003365224
  • ジョン・デューイ 『民主主義と教育 上』 岩波書店〈岩波文庫〉、1975年ISBN 4003365232
  • ジョン・デューイ 『民主主義と教育 下』 岩波書店〈岩波文庫〉、1975年ISBN 4003365240
  • 用語集「倫理」編集委員会編 「問題解決学習」『用語集 倫理 最新第2版』 清水書院2012年8月ISBN 978-4389216436

関連項目[編集]

外部リンク[編集]