唐豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唐豪
プロフィール
出生: 1897年
死去: 1959年
出身地: 江蘇省呉県
職業: 体育史家
各種表記
繁体字 唐豪
簡体字 唐豪
拼音 Táng Hào
和名表記: とう ごう
発音転記: タン ハオ
テンプレートを表示

唐豪(とう ごう)は中華人民共和国の近代体育史家。

江蘇省呉県の出身。名は豪、字は范生。幼い頃より武術を好む。 上海交通大学武術教授の劉震南より六合拳を学ぶ。 上海尚公小学校長を務める。1920年末、日本留学。法律を学ぶ。

その後、南京中央国術館編審処長を務める。 河南省嵩山少林寺温県陳家溝に出向き、現地調査し、武術史の研究を続けた。

1955年には、国家体委による中国体育史研究に参加し、「中国体育史参考資料」をまとめる。

著書には、『太極拳与内家拳』、『少林武当考』、『少林拳術秘訣考証』、『内家拳』、『王五公太極連環刀法』、『王宗岳陰府槍譜』、『中国古佚剣法』、『戚継光拳経』など。