唐君毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

唐君毅(とう くんき Tang Junyi 1909年1月17日-1978年2月2日)は,現代中国の著名な思想家。熊十力などに師事し、牟宗三や徐復觀などとともに新儒家の代表的学者とされる。 1949年以降は共産党支配から逃れ、錢穆らとともに香港で活躍する。

主要著作[編集]

  • 《人生之體驗》(1946年)
  • 《心物與人生》(1953年)
  • 《中國文化之精神價值》(1953年)
  • 《人文精神之重建》(1955年)
  • 《中國哲學原論》:《原性篇》、《原道篇》、《原教篇》(1956-1975年)
  • 《中國人文精神之發展》(1958年)
  • 《文化意識與道德理性》(1958年)
  • 《哲學概論》上、下(1961年)
  • 《道德自我之建立》(1963年)
  • 《説中華民族之花果飄零》(1974年)
  • 《中華人文與當今世界》(1975年)
  • 《生命存在與心靈境界》(1977年)
  • 《病裡乾坤》(1980年)
  • 《愛情之福音》
  • 《青年與學問》

日本語参考文献[編集]

  • 林鎮国 現代儒家の自伝世界―馮友蘭・唐君毅・牟宗三を例として 『季刊日本思想史』第41号(1993年)

外部リンク[編集]

現代新儒家―唐君毅