唐三彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唐三彩の馬
ラクダに乗り唐にやってきた隊商

唐三彩(とうさんさい、拼音: tángsāncǎi、三彩とも)は代の芸術品で、1000年以上の歴史を持つ。いわゆる唐三彩は唐代の陶器の上の釉薬の色を指し、後に唐代の彩陶(上絵を施した陶器)を総称する語として使われるようになった。唐代の陶器の釉薬の色は非常に多く、クリーム色、赤褐色、薄緑、深緑、藍色、紫などがある。中でもクリーム色・緑・白の三色の組み合わせ、或いは緑・赤褐色・藍の三色の組み合わせを主としていることから三彩と称されている。

唐三彩は二回にわたって焼かれる。一回目は白色の粘土で器物の原型を作り、窯の中で1000~1100度で素焼きにされる。冷却の後、器物を取り出し、各種の釉薬をかけ、再び窯の中で850~950度で焼かれる。炎色反応を用いて色を付けることから、釉薬には(緑)、(赤褐色)、マンガン(紫色)、コバルト(藍色)、アンチモン(クリーム色)を用い、助燃剤としてアルミニウムを用いる。釉薬の色が互いに浸透し、年代が経つことにより、顔料の色が微妙に変化し、新たな色を作る。唐三彩は芸術品としての水準は極めて高いものの、日用品として用いられることは少なく、主に埋葬品として使用された。

唐三彩の形状は非常に多く、人物、動物、器物の三種に主に分類される。人物には天子、文官、武将、貴婦人、男の子、下女、芸人、ペルシア人などがある。動物には、ラクダライオンなどがある。器物には容器、文房具、お碗、壺、皿などがある。唐三彩は日用品や部屋の装飾品よりも主に埋葬品として使用され、主に中原一帯で生産・流行し、中原一帯の官僚たちに使用された。唐代の陵墓を発掘するにしたがって、埋葬品としての唐三彩が大量に発掘された。

唐三彩の造形は当時の社会や風俗を表している。力強く瀟洒な様子である天子の像や武将の像、肥えた馬やラクダの像は、初唐の国力が強盛であったことを示す。顔がややふっくらとして、体が豊満な女性の像は、当時の女性はふくよかであることが美しいとされたことを示している。

影響[編集]

唐三彩はシルクロードを通り、13世紀から15世紀半ばころにかけてシリアキプロスイタリアに伝来した。また、日本(正倉院三彩)や他の東アジアにも陶芸品の影響を与えた。