唇よ、熱く君を語れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唇よ、熱く君を語れ
渡辺真知子シングル
収録アルバム Libra
B面 海辺の昼下り
リリース 1980年1月21日
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 東海林良(作詞)
渡辺真知子(作曲)
チャート最高順位
渡辺真知子 シングル 年表
季節の翳りに
1979年
唇よ、熱く君を語れ
(1980年)
ホールドミータイト
(1980年)
テンプレートを表示

唇よ、熱く君を語れ」(くちびるよ、あつくきみをかたれ)は、渡辺真知子の7作目のシングル曲。1980年(昭和55年)1月21日CBSソニーレコード(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)より発売。

累計売り上げは42.6万枚(オリコンチャート集計)。

エピソード[編集]

  • 速報!歌の大辞テン』(日本テレビ)等のテレビ番組において、この曲について「7曲目で初めての明るい曲(1 - 6曲目はすべて失恋を題材にした曲である)で、素の自分をだすことができて嬉しかった」、「この曲は今でもコンサートで思いっきり盛り上がれる曲で、30周年記念コンサートでも歌った」という趣旨の発言をしている。
  • 当初はアップテンポで躍動感のある振り付けで歌っていたが、その後、テンポを落としたしなやかな歌唱に変更しており、レコードでもこちらのバージョンが採用されている。
  • TBS系の音楽番組『ザ・ベストテン』には、1980年3月13日に10位で初登場。3週連続2位を獲得した。また、この曲はカネボウCMソングであり、当時、竹内まりやの「不思議なピーチパイ」(資生堂)、庄野真代の「Hey Lady 優しくなれるかい」(ポーラ化粧品)の2曲も同じく化粧品会社のCMでヒットしていたことから、この3人には、名前のイニシャルに由来して「3M」という称号が与えられていた。特に、竹内の「不思議なピーチパイ」は「唇よ、熱く君を語れ」と同時期にヒットしていた。
  • 作詞者の東海林良は、この曲のタイトルについて、『作詞者自身としては、女性に対して「君自身のことを語ってくれ」という趣旨でこのタイトルをつけた。当時、女性を第三者的立場から応援する曲はあったが、女性に対して直接発言を促すような曲はなかったと思う。』と述べている。また、『当時、渡辺真知子がこの曲のシングル版のジャケットを見せに来たとき、(ブルー等、大人の雰囲気の曲が続いていたことから)「どう、10年若返ったでしょ!」と言っていた』とも述べている。

収録曲[編集]

  1. 唇よ、熱く君を語れ
    作詞:東海林良
  2. 海辺の昼下り
    作詞:渡辺真知子

関連項目[編集]