哀愁のシンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
哀愁のシンフォニー
キャンディーズシングル
収録アルバム キャンディーズ 1 12〜やさしい悪魔〜
B面 別れても愛して
リリース 1976年11月21日
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:なかにし礼
作曲:三木たかし
チャート最高順位
  • 週間12位(オリコン
  • 1977年度年間61位(オリコン)
キャンディーズ シングル 年表
ハート泥棒
(1976年)
哀愁のシンフォニー
(1976年)
やさしい悪魔
(1977年)
収録アルバムキャンディーズ 1 12〜やさしい悪魔〜
20才の頃
(2)
哀愁のシンフォニー
(3)
坂道のある風景
(4)
テンプレートを表示

哀愁のシンフォニー」(あいしゅうのシンフォニー)は、1976年11月にリリースされたキャンディーズの12枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 解散コンサート時点でのシングル売上は累計35万枚(CBS・ソニー調べ)[1]
  • 「哀愁のシンフォニー」のみ1977年4月リリースのアルバム『キャンディーズ 1 12〜やさしい悪魔〜』に収録された。
  • サビは2声和音であり、それ以外は、ソロ、ユニゾン、3声和音とバラエティーに富む歌唱である。
  • 2008年9月3日発売の『キャンディーズ・タイムカプセル』には、別バージョンである(詞と曲の一部は異なるが)「霧のわかれ」がボーナストラックとして収録されている。
  • これまでのデビュー以来のアイドル路線の曲調と異なりアダルト路線のバラードであったため注目を集めた。また衣装もそれまでトレードマークだったフリフリやミニスカートではなく白いワンピースのドレスでありこれもまた趣が異なっている。
  • キャンディーズがライブでこの曲を披露する際、サビのある部分で客席から一斉に紙テープが投げられるのが定番であった。

収録曲[編集]

  1. 哀愁のシンフォニー(3分44秒)
  2. 別れても愛して(3分59秒)
    • 作詞:なかにし礼/作曲・編曲:三木たかし

脚注[編集]

  1. ^ キャンディーズ シングル売上一覧日刊スポーツ新聞社、2011年4月21日23時0分。大本の出典は『日刊スポーツ』1978年4月5日付。

関連項目[編集]