咲花駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
咲花駅
駅舎(2014年5月)
駅舎(2014年5月)
さきはな - Sakihana
東下条 (3.1km)
(2.8km) 馬下
所在地 新潟県五泉市佐取[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 155.6km(郡山起点)
電報略号 サナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[2]
開業年月日 1961年昭和36年)11月1日[1]
備考 無人駅[2](自動券売機 有)
夜の咲花駅
咲花駅待合室
停車中のSLばんえつ物語号新潟行き
旧駅舎
過去にホーム横にあった歓迎看板

咲花駅(さきはなえき)は、新潟県五泉市佐取にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]

阿賀野川左岸を臨む温泉地に位置している。駅名の由来は、その昔「先花地」と呼ばれ、湯の花が噴出していたところから温泉地が「咲花温泉」と命名され[3]、その最寄り駅として命名された[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅舎(北側)に単式ホーム1面1線[2]を有する地上駅

新津駅管理の無人駅[2]で、自動券売機が設置されている。駅舎待合室の機能のみ。トイレ水洗式)は駅前にある。冬季は閉鎖されるが2階部分に展望台がある[4]待合室展望台共に夜間照明は人感センサによる自動点灯・消灯式になっている。(駅正面・ホームは常時点灯)

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
磐越西線
快速「あがの
三川駅 - 咲花駅 - 馬下駅
普通
東下条駅 - 咲花駅 - 馬下駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(咲花駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 26頁、2014年10月25日閲覧。
  3. ^ 温泉”. 咲花温泉旅館協同組合. 2014年10月25日閲覧。
  4. ^ a b “DCに向けて駅が新しく生まれ変わりました!” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年2月26日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20140226ekisyarinyuaru.pdf 2014年10月25日閲覧。 
  5. ^ 咲花駅リニューアルオープンセレモニー < 平成26年4月 < 平成26年度 < 市長の動き(フォトアルバム)”. 五泉市役所. 2014年10月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]