和田玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和田玉

和田玉(ほーたんぎょく)とは、中国新疆ウィグル自治区ホータン地区(和田地区)で、採取されるヒスイ武帝 (漢)の使者である張騫が発見し献上したとされている。
軟玉(ネフライト)であるが、軟玉の中では比較的硬い。「中国四大玉石」の中でも最高の玉とされ、中国の「国石」とされている。中国四大宝石とは和田玉のほかに、独山玉(河南省)、岫岩玉(遼寧省)、緑松石(湖北省)である。
2008年の北京オリンピックにおいて、オリンピックメダルにと和田玉が採用されたといわれていたが、実際には埋蔵量の豊富な崑崙玉が採用された。
和田玉の硬度は6.25、屈折率は1.610、比重は2.95である。
和田玉の代表的なものは、乳白色の羊脂玉があるが、ほかに白玉、黄玉、碧玉、墨玉など様々な種類がある。
ホータン地区は、玉の産地として古くから有名で、玄奘三蔵は「大唐西域記」の中で、帰途、ここへ立ち寄ったとされる。「毛織を算出し、糸を紡ぐ。白玉や墨玉を産出する。音楽を尊び、歌劇を愛す。礼節あり、規律ある。文字はインドに似て非なる。王は、毘沙門天の後裔という」と記されている。
現在和田玉は枯渇状態にあり、取引価格が急上昇している。


関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]