和波智広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和波 智広 Football pictogram.svg
名前
愛称 ワナ、韋駄天
カタカナ ワナミ トモヒロ
ラテン文字 WANAMI Tomohiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年4月27日(34歳)
出身地 三重県いなべ市
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム ヴィアティン桑名
ポジション MFDF
背番号 7
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

和波 智広(わなみ ともひろ、1980年4月27日 - )は三重県出身のサッカー選手。ポジションはMF(左ウィングバック)、DF(左サイドバック)。Jリーグ在籍時は快足を持ち味にサイドを駆け上がり、「韋駄天」の愛称で親しまれた。

来歴[編集]

暁高等学校から1999年J1ベルマーレ平塚に加入。一年目から出場機会を掴み、チームがJ2降格した2000年は左サイドバックとしてポジションに定着した。

2001年、J1に昇格したばかりのコンサドーレ札幌へ移籍。徐々に左ウィングバックのレギュラーとして定着していった。なかでもジュビロ磐田戦でのヘディングによるゴールは、札幌サポーターの間で語り草になっている。

2004年は開幕直前にヴィッセル神戸へ移籍したが、怪我もあって1試合も出場できないまま、5月に札幌へ復帰。レギュラーとしてチームに貢献し、2005年から2006年まではキャプテンも務めた。しかし、柳下正明監督によりストッパーにコンバートされると思うような活躍が出来なくなり、左サイドのポジションには2005年シーズン途中に加入した西谷正也が定着。ストッパーにも定着することが出来ず出場機会が激減した。2007年三浦俊也監督が就任すると左サイドバックとして開幕戦のスターティングメンバーに選ばれたが、間もなくレギュラーの座を追われてしまう。その直後に体調を崩してチームを離脱、4月20日に回復のために相応の期間が必要と判断され、一時チームを離れ治療に専念することがクラブから発表された。そして、病気治療からピッチに再び戻ることのないまま、シーズン終了後にチームから2008年シーズンの契約を更新しないことが発表された。2007年12月1日、チームはJ2リーグ優勝と共にJ1リーグ昇格を決めたものの、優勝と昇格を祝う選手らの中に和波の姿はなく、その際、クラブに挨拶に訪れた様子が報道された。その後、引退か現役続行か悩んだものの、股関節の状態が思わしくなかったこともあり引退を決意。2008年3月28日、所属していたコンサドーレ札幌からも正式に現役引退が発表された。

現在は故郷に近い三重県四日市市ジンギスカン店を経営する一方、地元社会人チームの一員としてサッカーを続けている[1]。2009年、Fantasia Entertainment(プロバスケットボール・レラカムイ北海道の運営会社)とマネジメント契約を結ぶ[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1999 平塚 22 J1 17 1 1 0 1 0 19 1
2000 湘南 11 J2 35 3 1 0 3 0 39 3
2001 札幌 20 J1 20 2 1 0 1 0 22 2
2002 25 0 2 1 0 0 27 1
2003 J2 35 4 - 3 1 38 5
2004 神戸 14 J1 0 0 0 0 - 0 0
札幌 20 J2 33 0 - 4 0 37 0
2005 7 38 1 - 1 0 39 1
2006 21 0 - 2 0 23 0
2007 2 0 - 0 0 2 0
2013 ヴィアティン 7 三重県2部 - -
通算 日本 J1 62 3 4 1 2 0 68 4
日本 J2 164 8 1 0 13 1 178 9
日本 三重県2部 - -
総通算 228 11 5 1 15 1 248 13
  • Jリーグ初出場 1999年3月27日 J1 1st 第4節 vsジュビロ磐田平塚
  • Jリーグ初得点 1999年11月27日 J1 2nd 第15節 vsジュビロ磐田(ヤマハ

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]