和泉村 (福井県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いずみむら
和泉村
廃止日 2005年11月7日
廃止理由 編入合併
大野市、和泉村大野市
現在の自治体 大野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
大野郡
団体コード 18342-3
面積 332.38km²
総人口 731
(2005年10月1日)
隣接自治体 大野市郡上市
関市本巣市
村の木 ブナ
村の花 シャクナゲ
他のシンボル -
和泉村役場
所在地 912-0292
福井県大野郡和泉村朝日16-3-4
(現在の大野市朝日16-3-4)
外部リンク 和泉村
座標 北緯35度54.3分
東経136度40分
旧:和泉村の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

和泉村(いずみむら)は、福井県の奥越前(奥越)地区にある福井県で最東端にあり、岐阜県と接していた

2005年11月7日大野市へ編入のため廃止となり、属していた大野郡も消滅した。旧村役場は現在、大野市和泉支所となっている。

地理[編集]

岐阜県の県境付近の高い山々のそびえる場所に位置している。村内を九頭竜川が貫流しており、九頭竜ダムもある。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 江戸時代美濃国郡上藩領。
  • 福井県の嶺北北陸方言が主流であるが、和泉村の住民の話し言葉は東海東山方言美濃弁の影響が濃厚である。
  • 当初は同じ大野郡の石徹白村も合併する話も浮上していたが、同村は岐阜県郡上郡白鳥町越境合併したため、現在は岐阜県郡上市である。ただし、石徹白とは九頭竜川の流域同士であったり越美線(越美北線)の延長予定地であったりと、何かとつながりが深く、地形も白鳥側より和泉側のほうが険しくない。しかし、冬季になると、白鳥方面は通行できたものの、和泉方面は通行止となったため、福井県庁など官公庁へ行くのに岐阜回りになって不便だった等の理由で、白鳥町との合併を選んだ経緯がある。

沿革[編集]

行政[編集]

合併直前の村長は山本一郎

経済[編集]

産業[編集]

名産品としてワラビゼンマイなどの山菜やアユコイイワナマスなどの魚が揚げられる。

  • 産業別人口(2005年国勢調査)
    • 第一次産業 67人
    • 第二次産業 77人
    • 第三次産業 237人

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

健康[編集]

  • 平均年齢 49.1歳(2005年国勢調査)
  • 村内には「和泉村診療所」ただひとつしか医療機関が存在しない。医師も一人だけである。

教育[編集]

  • 和泉村立朝日小学校(和泉村朝日14番地)
  • 和泉村立和泉中学校(和泉村朝日34番地)

交通[編集]

鉄道路線[編集]

村内にはJR西日本越美北線が通っている。中心となる駅は九頭竜湖駅である。

バス路線[編集]

  • 和泉村
    • 九頭竜湖駅を拠点に村営バス3路線(運行はタクシー会社に委託)。冬季を除き平日片道1本のみ越前大野駅(大野市)へ乗り入れている。

道路[編集]

郵政・通信[編集]

市外局番[編集]

  • 全域0779(市内局番は60~71、77~89) 。勝山市、大野市及び福井市(旧美山町域)と同一エリアであるが、市外局番が異なる旧美山町域(市外局番が07797、市内局番は2~6) へ通話の時は市外局番が必要である。

地上波テレビ放送[編集]

  • 村内にある共同受信施設(岐阜県郡上中継局から受信したもの)により、中京広域圏CBCテレビ名古屋テレビ放送を視聴することが出来る。ただ、NHK岐阜放送局東海テレビ放送中京テレビ放送岐阜放送を受信してほしい村民の声も少なくない。なおNHK岐阜放送局、東海テレビ放送、中京テレビ放送、岐阜放送はケーブルテレビ(和泉ケーブルネットワーク)での再送信は行われておらず、一般家庭個人で高性能アンテナ(NHK岐阜放送局、東海テレビ放送はVHF多素子アンテナ《郡上中継局のVHFチャンネルは4、6、8、10、12を使っているためハイチャンネル用でもCBC、NBNも含めてVHF全局受信可》を岐阜県郡上中継局方向へ向ける。中京テレビ放送、岐阜放送はUHF多素子(30素子など)パラスタックアンテナを郡上中継局または白鳥中継局の方向へ向ける 白鳥中継局に向けるとNHK岐阜放送局のテレビ放送も受信可能)とブースターをつけなければ上記の放送局を受信することができない(場所により受信感度は異なる)。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

レジャー[編集]

観光[編集]

温泉[編集]

祭り[編集]

  • 新緑まつり(5月ごろ)
  • 紅葉まつり(10月末)
  • かまくらまつり(冬)

和泉村出身の有名人[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]