呪われた狩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

呪われた狩人(のろわれたかりうど、Le Chasseur maudit)M.44は、セザール・フランクが作曲した交響詩

概要[編集]

フランクは生涯で5曲の交響詩を残した。この作品は最晩年の1882年に作曲され、翌1883年の3月31日に国民音楽協会で初演された。18世紀のドイツの詩人ゴットフリート・アウグスト・ビュルガーGottfried August Bürger)のバラードに基づいた作品である。教会のミサに出かけず、狩に出かけた伯爵は、その冒涜によって永劫の罪を受けてしまうといった内容である。

冒頭のホルンに続いて、聖歌風の主題が現れ、やがて角笛を思わせる主題が取って代わり、狂騒的に展開してゆく。演奏時間は約15分である。

編成[編集]

  • 木管楽器
ピッコロフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット4
  • 金管楽器
ホルン4、トランペット2、コルネット2、トロンボーン3、チューバ
  • 打楽器
ティンパニ3、3、トライアングルシンバルバスドラム
  • 弦楽器など
弦五部

参考文献[編集]