周辺減光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Limb darkening layers.svg

周辺減光(しゅうへんげんこう、limb darkening)は、太陽などの恒星表面が縁に向かうにつれて中心と比べ色が赤味を帯び、明るさが暗く見えてくる現象である。

主に中心から距離が離れば離れるほど星の大気の密度が減少するのと、中心部分に比べ温度が減少する二つの効果によるもので、太陽を始めとする恒星にみられる。

関連項目[編集]