周処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周 処(しゅう しょ、236年 - 297年)は、中国三国時代から西晋の武将。子隠・西晋に仕えた。揚州義興郡陽羨県(現在の江蘇省宜興市)の人。父は周魴。子は周圮

生涯[編集]

宜興市東岸にある周処像、川にて蛟と格闘している。

呉の有力な豪族の家に生まれたが、父の晩年の子であったため、幼くして父親を失った。周処は若い頃は乱暴者でよく狼藉を働き、郷里の人々に恐れられていた。

ある時、周処は郷里の父老に「今年は平和で豊作だったのに、なぜ皆喜んでいないのか」と尋ねた。すると父老は「南山の白額虎、長橋の蛟、そしてそなたの『三害』がいなくならない限り、喜ぶ事ができない」と答えた。周処はそれを聞くと、山に赴いて虎を射殺した後、川に入って蛟と戦い、三日三晩格闘し数十里も流された末、ようやくこれを始末した。郷里の人々は周処が死んだものと思い大喜びしたという。戻ってきた周処は、自分がどれほど人々に憎まれていたかをようやく知った。この時の「周処除三害」の故事は京劇の演目にもなっている。

そこで改めて自らの身を修めようとして、陸機陸雲兄弟の元を訪ねた。陸機が留守であったため、陸雲に面会した周処は、自分の事情を告げた後「自らの行ないを改めたいのですが、私は既に歳をとっておりますので、もう手遅れでしょうか」と問うた。陸雲は「古代の人は『朝に道を聞けば、夕べに死すとも可なり』と言いました。あなたはまだ前途に見込みがありますよ」と答えて励ました。

かくして周処は行ないを改め学問に励み、翌年には州に招かれ、呉の東観左丞となった。孫皓時代の末年には無難督となった。280年西晋が呉を滅ぼした時、西晋の王渾建業の宮中で宴会を開き、呉の群臣たちに「祖国が滅びて口惜しくはないか」と尋ねた。周処が「(あなたがかつて仕えていた)は呉よりも先に滅びました。国の滅亡に口惜しい思いをしたのは、一人に限りませんでしょうよ」と答えたため、王渾は大変恥じ入ったという。

西晋に仕えると洛陽へ赴き、続いて新平太守広漢太守を歴任し、いずれも優れた業績を挙げた。老いた母親のために辞職して帰郷したが、まもなく楚(彭城郡)の内史に任命された。赴任する前に、改めて散騎常侍として都に呼び出される辞令を受けたが、周処は「古人は大を辞して小を辞さず」といい、先に楚国へ赴任し治績をあげた後で、改めて上京した。人々は彼の行ないを賞賛したという。

朝廷に入って御史中丞となったが、寵臣・権力者であろうと憚る事なく不正を弾劾した。司馬肜が法に背いた時も、周処は厳しくこれを追求し、怨みを買った。

296年族の斉万年が反乱を起こすと、朝廷の人々は周処を夏侯駿の配下に付け、討伐に向かわせる事にした。孫秀が周処に、老母の事を口実に辞退する事を勧めたが、周処は「忠と孝の両方を全うする事はできない、今こそ私の死に時なのだ」と言って出陣した。この事を聞いた斉万年は「周処が総大将なら我々に勝ち目はないが、副将であれば生け捕るまでだ」と言ったという。果たして周処は司馬肜と夏侯駿に陥れられ、僅か5千の兵で斉万年率いる7万の兵と戦う事になった。死を覚悟した周処は全軍を挙げて力戦し、敵兵1万を撃破しながらも、ついに力尽きて戦死した。平西将軍を追贈され、潘岳閻纉から哀悼の詩を捧げられた。子が後を継いだ。

317年司馬睿東晋の王となると、太常賀循からの提議によって、「孝」のを授けられた。

周処には『黙語』30篇の他、『風土記』・『呉書』などの著作があったという。

[編集]

江蘇省宜興市には、彼と彼の一族の墓が発見されている。墓は全て通路のある磚室墓となっており、中からは精巧な作りの磁器や金銀の服飾品など、歴史的に見て非常に貴重な副葬品が多数発掘されている。

参考資料[編集]