告白 (アウグスティヌス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『告白』
Confessiones
1713年版
1713年版
著者 ヒッポのアウグスティヌス
訳者 池田敏雄今泉三良内村達三郎徳沢得二中山昌樹服部英次郎宮崎八百吉宮谷宣史宮原晃一郎村治能就渡辺義雄
ジャンル 自伝
言語 ラテン語
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ウィキポータル 宗教
テンプレートを表示

告白』(こくはく、: Confessiones)は、397年から翌年に至るまでに書かれたヒッポのアウグスティヌスの自伝。彼の存命中から広く読まれていた。

概要[編集]

本書はアウグスティヌスの青年時代の罪深い生活からキリスト教へのめざめをたどっている。西欧において最初期に書かれていた自伝にはよく見られる内容であり、その後中世までおよそ1000年にわたってキリスト教徒の作家に強い影響を及ぼす雛形とだった。完成した自伝ではなく、40歳ごろまでのアウグスティヌスしか書かれていない。彼はその後も長い余生を送ったのだし、実際重要な著作『神の国』を書いたのは晩年である。しかしそれでも、この本がアウグスティヌスの思考の深化をそっくり記録したものであり、4世紀から5世紀において一人の人間が残した記録のなかでは最も完成されたものであることは間違いない。また理論的にも重要な著作である。本書の中で、アウグスティヌスは自分がこれまでの罪深く、道徳にはずれた人生を送ってきたことをどれだけ悔いているかについて述べている。またその後にマニ教を信仰していたことや占星術を信じていたことの後悔を論じている。そして占星術は間違っているだけでなく有害だと説いてくれた友人や、別の友人によるキリスト教についての言葉の意味について語っている。アウグスティヌスはその性的な罪についてもひどく悲しんでみせ、性的な道徳の重要さを強調する。また学校でのお気に入りの科目についても書いている。数学は他の学問よりも厳密に定義され確固としている点が好きだったのだという。この本は、三位一体やその捉え方の様々な側面を象徴化している章を含んでいると考えられている。

構成[編集]

全13巻から成る。内容的には、自伝的部分である第1巻-第9巻と、神学的部分である第10巻-第13巻の二部に分かれる。章の数も後者で大きく増加する。

  • 第1巻 - 出生-15歳。幼少期・少年期の罪・怠惰について。全20章。
  • 第2巻 - 16歳。放埒な生活と窃盗の罪について。全10章。
  • 第3巻 - 17歳-19歳。カルタゴの日々と恋愛キケロの『ホルテンシウス』と愛知、マニ教。全12章。
  • 第4巻 - 19歳-28歳。マニ教と占星術アリストテレスの『範疇論』。全16章。
  • 第5巻 - 29歳。マニ教との決別、ローマミラノ弁論術を教える。全14章。
  • 第6巻 - 30歳。カトリックへの接近。全16章。
  • 第7巻 - 31歳。カトリックの教義を巡る煩悶。自由意志と悪の起源。プラトン派の書物と、『パウロ書簡』。全21章。
  • 第8巻 - 32歳。霊肉の闘争と聖書、回心。全12章。
  • 第9巻 - 33歳。ミラノでの受洗、アフリカへの帰途と母の死。全13章。
  • 第10巻 - 現状。ヒッポの司祭としての自身に対する観察・批判・吟味。全43章。
  • 第11巻 - 『創世記』解釈1。時間論。全31章。
  • 第12巻 - 『創世記』解釈2。「天」(知的霊的被造物)と「地」(質料、物的被造物)。全32章。
  • 第13巻 - 『創世記』解釈3。三位一体。全38章。

内容[編集]

本の前半は、罪に溺れた生活を送った後、キリスト教に接近する話や、盗みを働いたりギリシャ語の勉強に意欲が湧かないなど、彼は不都合な事実を隠さず正直に書いている。

しかし彼は単なる遊び人ではなく、当初はマニ教に関心を寄せるが、ローマネオプラトニズムに出会って決別、その後に哲学書を読み漁り、勉学に熱中し『神の国[1]や『三位一体論』[2]といった大著を残した。

モニカに反対されながらも階級の異なる女性を大事にし続けた(しかし後に信仰の邪魔になるからといって捨てた)。友人の死に直面し自らの死を恐れ始める心境描写、といった事が中心。後半は時間論、聖書の解釈についての議論、が天地創造の前に何をしていたのか、について書かれている。この著作はカトリックプロテスタントだけではなく、デカルトカントニーチェ、20世紀ではハイデガーウィトゲンシュタイン等多数の哲学者に影響・考察を与えた。

訳書[編集]

主な研究文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部英次郎・藤本雄三訳『神の国』岩波文庫全5巻 1982年-1991年
  2. ^ 訳書は上智大学中世思想研究所編訳「初期ラテン教父 中世思想原典集成.4」に所収、平凡社、1999年
  3. ^ 作家大江健三郎は、この本を題材に『燃えあがる緑の木』第三部新潮社を書いた。

外部リンク[編集]