呉伯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呉伯雄
呉伯雄
南京を訪問する呉伯雄(2005年)
プロフィール
出生: 1939年6月19日(75歳)
出身地: 日本の旗大日本帝国台湾 新竹州 中壢郡
職業: 政治家
各種表記
繁体字 吳伯雄
簡体字 吴伯雄
和名表記: ごはくゆう
発音転記: ウー・ボーション
ラテン字 Wu Po-hsiung
テンプレートを表示

呉伯雄(ご はくゆう、1939年昭和14年)6月19日- )は中華民国台湾)の政治家中国国民党名誉主席。

経歴[編集]

台湾新竹州(現桃園県)の客家の家庭に生まれる。子供のころ、父の呉鴻麒(九州帝国大学医学博士)が二・二八事件の被害者となった。兄は現在、東京に住んでいるという[1]

国立成功大学工商管理学科を卒業後、高級職業学校の教員を経て1968年台湾省議会の議員として政界入りし、1972年桃園県長。李登輝総統時代に、内政部長台北市長総統府秘書長、総統府資政、国民党秘書長など要職を歴任。李登輝総統退任後の2000年6月からは国民党副主席を務めた。2007年2月、当時の馬英九国民党主席の辞任(特別費横領罪で起訴されたため)を受けて党代理主席を務め、同年4月の党主席選で対抗馬の洪秀柱に圧勝して正式に党主席に就任した。

2008年5月には台湾の与党党首として初めて中華人民共和国を訪問し、胡錦濤中国共産党総書記とのトップ会談を実現。同年8月の北京五輪開会式にも出席した。

2008年12月、連戦党名誉主席らとともに訪中、第4回両岸経済貿易文化フォーラムに参加した。2009年5月にも胡錦涛総書記と会談、両岸経済協力枠組協議の協議入りを話し合った。同年6月、任期満了に伴う党主席選に出馬せず、党主席の座を馬英九総統に譲る意向を表明した。2009年10月、馬英九総統が国民党主席に就任すると、国民党名誉主席となる。国民党名誉主席は、連戦と2人体制となる。

日本との関連[編集]

2008年12月7日から13日まで、与党党首として公式訪日し、森喜朗元首相や鳩山由紀夫民主党幹事長、石原慎太郎東京都知事など政界要人と会談。呉は、訪日目的が「台日関係の強化」にあり、馬英九総統の「台日関係は特殊なパートナー」というメッセージを伝達しに来たと表明した。尖閣諸島問題では「基本的立場は異なっていても、主権問題を棚上げし、共同資源開発や漁業権問題等、協力することはできる。これは台湾・中華民国と日本の問題であり、複雑化は望まない」と述べ、尖閣諸島周辺での海洋調査活動を活発化させている中国との違いを強調した。

脚注[編集]

  1. ^ 2008年12月9日の来日時記者会見で明らかにした(台湾週報2008年第50週号参照)。


 中華民国の旗中華民国
先代:
林洋港
内政部長
1984年 - 1988年
次代:
許水徳
先代:
許水徳
Flag of Taipei City.svg台北市長
1988年 - 1990年
次代:
黄大洲
先代:
許水徳
内政部長
1991年 - 1995年
次代:
黄昆輝
Emblem of the Kuomintang.svg中国国民党
先代:
江丙坤(代理)
党主席
第5代
2007年 - 2009年
次代:
馬英九
先代:
馬英九
党主席
第5代
2007年 - 2009年
次代:
江丙坤(代理)
NPO
先代:
星雲大師
国際仏光会代表
第2代
1997年 - 2004年
次代:
心定和尚