呂号第三三潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese submarine Ro-33 in 1939.jpg
「呂33」(1939.4.8、有明湾)
艦歴
計画 昭和6年度計画(第一次補充計画
起工 1933年8月8日
進水 1934年10月10日
就役 1935年10月7日
その後 1942年8月29日戦没
除籍 1942年10月5日
性能諸元
排水量 基準:700トン 常備:940トン
水中:1,200トン
全長 73.00m
全幅 6.70m
吃水 3.25m
機関 艦本式21号8型ディーゼル2基
電動機、2軸
水上:3,000馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:18.9kt
水中:8.2kt
航続距離 水上:12ktで8,000海里
水中:3.5ktで90海里
燃料 重油:108.7トン
乗員 61名
兵装 40口径八八式8cm高角砲1門
13mm機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首4門
魚雷10本
備考 安全潜航深度:75m

呂号第三三潜水艦(ろごうだいさんじゅうさんせんすいかん)は、日本海軍潜水艦呂三三型潜水艦(海中6型)の1番艦。

艦歴[編集]

  • 1933年(昭和8年)8月8日 - 呉海軍工廠で起工。
  • 1934年(昭和9年)10月10日 - 進水
  • 1935年(昭和10年)10月7日 - 竣工。舞鶴鎮守府籍に編入[1][2]
  • 1940年(昭和15年)10月30日 - 予備艦となる[2]
    • 11月15日 - 第4潜水戦隊第21潜水隊に編入[1]
  • 1941年(昭和16年)12月8日 - 佐世保を出航。マレージャワ方面において交通破壊戦に参戦[1]
  • 1942年(昭和17年)3月8日 - セレベス島スターリング湾着[1]
    • 3月22日 - スターリング湾を出航[1]
    • 4月3日 - トラック[1]
    • 4月15日 - トラックを出航し、18日、ラバウル[1]
    • 4月26日 - ラバウルを出航し、ポートモレスビー作戦を支援[1]
    • 7月9日 - 佐世保を出航し、27日、ラバウル着[1]
    • 7月29日 - ラバウルを出航し、モレスビー、ツラギ方面で活動[1]
    • 8月7日 - パプア海でイギリス船「マムツ」を撃沈[3]
    • 8月16日 - ラバウル着。22日、ラバウルを出航し、モレスビー方面で活動[1]
    • 8月29日 - オーストラリア船「マライタ」を撃破[3]。しかし、豪駆逐艦「アランタ英語版」の爆雷攻撃により戦没。栗山艦長以下70名全員が戦死[2][3][4]
    • 9月1日 - ポートモレスビー付近で亡失と認定[5]

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  • 不詳

艦長[編集]

  • 石川信雄 少佐:1935年10月7日 -
  • 揚田清猪 少佐:1936年2月15日 -
  • 渋谷龍穉 少佐:1937年3月20日 -
  • 有泉龍之介 少佐:1937年6月20日 -
  • 市川旦 少佐:1939年10月15日 -
  • 大平政二郎 少佐:1940年3月20日 -
  • 渡辺勝次 少佐:1940年10月30日 -
  • 坂本栄一 少佐:1941年7月31日 -
  • 栗山重志 少佐:1942年6月5日 - 8月29日戦死

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』94頁。
  2. ^ a b c 『艦長たちの軍艦史』448-449頁。
  3. ^ a b c 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』145頁。
  4. ^ 『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』94頁によれば、「英機の攻撃をうけ沈没」とされている。
  5. ^ 『日本海軍史』第7巻、372頁。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号・呂号・波号・特殊潜航艇他、光人社、1998年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9