吹けよ風、呼べよ嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呼べよ風、吹けよ嵐
ピンク・フロイド楽曲
収録アルバム おせっかい
リリース 1971年10月30日
録音 1971年1月 - 8月
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 5分57秒
レーベル ハーヴェスト・レコード
EMI(UK)
キャピトル・レコード(USA)
作詞者 ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
リチャード・ライト
ニック・メイスン
プロデュース ピンク・フロイド
チャート順位
おせっかい 収録順
呼べよ風、吹けよ嵐 ピロウ・オブ・ウインズ
(2)

吹けよ風、呼べよ嵐」(ふけよかぜ よべよあらし、原題:One of These Days)は、ピンク・フロイドの楽曲。アルバム『おせっかい』に収録されている。

解説[編集]

冒頭から風の音が20数秒流れた後に、ロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアによって交差される不気味なベースが鳴り響くのが印象的なインストゥルメンタル。『おせっかい』の中から「フィアレス」との両A面としてシングルカットされた。途中で聞こえる叫び声「One of these days, I'm going to cut you into pieces(いつの日か、お前をバラバラにしてやる)」はドラマーのニック・メイスンの声で、不気味さを出すためにテープのスピードを遅くして収録された。

全日本プロレスにおいて、いわゆる凶悪レスラーの入場テーマ曲として長年愛用されており、一般的には来日回数が最多のアブドーラ・ザ・ブッチャーのそれとして広く知られている。最近ではプロレスリング・ノアの常連外国人選手であるキース・ウォーカーも使用している。

ドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」では説教シーンや喧噪シーンでBGMとして多用されている。

また、日本では独自のカップリングでシングル・カットされ、最高72位ながら13週に渡ってランクインするスマッシュ・ヒットとなった。

演奏[編集]

光〜PERFECT LIVE!』『P.U.L.S.E』ツアー時[編集]
  • デヴィッド・ギルモア – ラップ・スティールギター
  • Guy Pratt – ベース
  • ニック・メイスン – ドラムス、シンバル、フラリッシュ、ボーカル(録音)
  • リチャード・ライト – シンセサイザー
  • Gary Wallis – パーカッション、ドラムス(『P•U•L•S•E』ツアー)
  • Tim Renwick – ギター
  • Jon Carin – シンセサイザー