吸江寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吸江寺
Gyukoji 03.JPG
本堂と高知平和パゴダ
所在地 高知県高知市吸江132
位置 北緯33度32分50.4秒
東経133度34分15.1秒
座標: 北緯33度32分50.4秒 東経133度34分15.1秒
山号 五台山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 如意輪観世音菩薩
創建年 文保2年(1318年
開基 夢窓疎石
別称 海南の名刹、吸江庵
文化財 木造地蔵菩薩坐像(国の重要文化財
吸江庵跡(県史跡)
テンプレートを表示

吸江寺(ぎゅうこうじ)は高知県高知市にある臨済宗妙心寺派仏教寺院

歴史[編集]

文保2年(1318年)、夢窓疎石北条高時の母・覚海尼による鎌倉への招請から逃れるために四国に渡り、土佐国五台山の山麓に結んだ草庵を起源とする。夢窓が草庵の前に広がる浦戸湾を「吸江」と命名したことで、草庵は吸江庵と称するようになった。夢窓が足利尊氏の政治顧問に就いたこともあって、室町幕府の厚い庇護の下に隆盛し、海南の名刹と呼ばれた。室町時代には長宗我部氏が代々当寺の寺別当を務めた。江戸時代は、土佐藩主山内一豊の命を受けた義子の湘南宗化により中興され、このとき寺号を吸江寺と改めて現在に至っている。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

県指定史跡[編集]

  • 吸江庵跡

その他[編集]

  • 足利義持扁額
  • 夢窓国師扁額
  • 絶海扁額
  • 吸江寺古文書
  • 達磨像

所在地[編集]

〒780-8126 高知県高知市吸江132

交通アクセス[編集]

  • はりまや橋よりとさでん交通バス「前浜行き」又は「高知医療センター経由後免町行き」で「南吸江」で下車、徒歩5分。

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]