向日葵の咲かない夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
向日葵の咲かない夏
著者 道尾秀介
発行日 2005年11月
発行元 新潮社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 268
コード ISBN 978-4-10-300331-1
テンプレートを表示

向日葵の咲かない夏』(ひまわりのさかないなつ)は、道尾秀介による日本小説

第6回本格ミステリ大賞候補となった。

作者は『野性時代』(角川書店2009年3月号でのインタビューで、本作が読者から、“物語が陰惨”、“登場人物が可哀想すぎる”などと評されたことを明かしている。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の容疑者の身柄確保時に、鞄の中に同書の文庫版が入っていたと見られることが報道された(週刊新潮2009年11月26日号)。

あらすじ[編集]

一学期の終業式の日、欠席したS君にプリントを届けるためにS君の家を訪れたミチオ。声をかけても応答がなく、中に入ってみると、きい、きいとおかしな音がした。S君はいた、自分を見下ろして。呼んでも返事がなく、よく見ると、S君の首はロープに繋がっており、足は地に着いていなかった。S君は首を吊って死んでいたのだ。

急いで学校に戻り、担任の岩村先生に伝え、ミチオは一旦家に帰される。その後、岩村先生と2人の刑事が家に来るが、ミチオにもたらされたのは、“Sの死体なんてなかった”という知らせだった。「嘘じゃない、確かにS君の死体を見た」と懸命に主張し、結局行方不明事件として捜査されることとなった。

それから1週間後、ミチオの前にS君があるものに姿を変えて現れ、“自分は殺されたんだ”と訴える。ミチオは妹のミカと共に、S君を殺した犯人を探すこととなる。

登場人物[編集]

ミチオ
小学4年生。家はゴミで溢れ返っており、まともな部屋は子供部屋のみ。ゴミを捨てようとすると母親が怒鳴り散らす。母親のミチオとミカへの接し方には雲泥の差がある。
S君
ミチオのクラスメイト。身体が健康ではないためよく欠席していた。一部のクラスメイトからいじめられていた。
ミカ
ミチオの妹。3歳。ミチオより大人びた発言をすることもある。
古瀬 泰造(ふるせ たいぞう)
クヌギ林の近くに住む老人。妻を亡くしてからは一人寂しく暮らしている。毎朝、林の中の百葉箱のデータを取るアルバイトをしている。
トコお婆さん
製麺所のお婆さん。ミチオやミカの相談に乗ってくれるよき相談相手。
岩村(いわむら)
ミチオの担任教師。
スミダ
ミチオが想いを寄せるクラスメイトの少女。席はミチオの後ろ。
美津江(みつえ)
S君の母親。母子家庭を支えるのに必死だった。S君がしていたことを気味悪く思っていた。
谷尾(たにお)
捜査一課の年配の刑事。
竹梨(たけなし)
捜査一課の若い刑事。