吐瀉物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吐瀉物(としゃぶつ)は、嘔吐および下痢によって体外に排出された消化管の内容物。嘔吐により排出されたもののみを指して用いられることがあるが、「瀉」は一般的に下痢を表すため,この用法は誤り。

概要[編集]

吐瀉物には胃液のほかに未消化の食物が含まれ、多くは黄色味を帯びている。胃に食物等がない場合は、胃液のみが吐き出されたり、水分のみが出てきたりし、この場合はそれぞれ黄色、黄緑色や白濁色等である。胆汁が混じった場合には茶色味を帯び、血液が混じった場合には褐色や黒色になる。日本では俗に、ゲロ、ゲー、ゲボなどと呼ぶ。多くは悪臭を伴い、醜いことから、他者の嘔吐を誘発することがある。いわゆる「貰いゲロ」である。

なお、吐き出された内容物が胃やそれに近い消化器の内容物ではなく、血液が主体となっている場合(血反吐)は吐血という。この場合、呼吸器からの出血である喀血とは区別される。

また、警察隠語自白自供のことをゲロと呼ぶこともある。

派生語[編集]

小間物(こまもの)
吐瀉物のことを婉曲した語。吐瀉物は飲食したさまざまな種類の食物が混ざっていることから、小間物の扱う商品(日用品化粧品など)は種類が多く、いろいろな商品が混じっているため、それになぞらえた。また、小間物屋が商品を広げて見せながら、商売をしている姿に似ていることから、俗語として、飲食したものを吐き出す行為。反吐を吐くこと。また、吐瀉物そのものを指す。
「小間物屋(こまものや)を開く」
慣用句として用いられる。「小間物屋を広げる」「小間物店(こまものみせ)を広げる」ともいう。飲食したものを吐き出すこと。反吐を吐くこと。

関連項目[編集]