名古屋鉄道刈谷工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1977年時点での刈谷工場跡地(画像左側の側線群)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

刈谷工場(かりやこうじょう)は、かつて愛知県刈谷市にあった、名古屋鉄道車両基地である。三河線刈谷駅の碧南方面に存在した。

広さは用地が10,976m²。建物が2,188m²[1]

元は三河鉄道の車両工場(刈谷車庫)であった。名鉄の車両基地としては、1948年昭和23年)に新川工場の貨物業務が刈谷工場へと移管され、貨車専門工場として発足している。工場では貨車のほかに三河線の電車についても定期検査を実施していたが、三河線車両の検査は1956年(昭和31年)から鳴海工場が担当するようになった。

1964年(昭和39年)には貨物取扱の減少により刈谷工場は刈谷分工場に改称し、鳴海工場の配下となった。その後、三河線の海線での貨物の取り扱いが廃止され、名鉄自体の貨物取り扱いの減少に伴う貨車の減少もあり、1968年10月に廃止された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『名古屋鉄道社史』 名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、704頁。ASIN B000JAMKU4
  2. ^ 徳田耕一 『名古屋近郊電車のある風景今昔』 JTB、2003年、45頁。ISBN 978-4533045981

参考文献[編集]

  • 水野鈴一「名古屋鉄道車両工場の概要」、『鉄道ピクトリアル』第246巻、電気車研究会、1971年1月

関連項目[編集]