名古屋市鶴舞中央図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 名古屋市鶴舞中央図書館
Tsuruma Central Library City of Nagoya[1]
名古屋市立鶴舞中央図書館
名古屋市鶴舞中央図書館
施設情報
愛称 鶴舞図書館
専門分野 総合
建物設計 名古屋市建築局、株式会社丹羽英二建築事務所[2]
延床面積 11,285.85[2] m2
開館 1923年10月1日
所在地 466-0064
愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番155号
位置 北緯35度9分16.16秒 東経136度55分2.55秒 / 北緯35.1544889度 東経136.9173750度 / 35.1544889; 136.9173750
統計・組織情報
蔵書数 1,265,210冊[3] (2013年4月1日時点)
貸出数 833,516冊[3] (2012年度)
来館者数 713,864人[3] (2012年度)
年運営費 7億4348万6千円[3] (2013年度)
条例 名古屋市図書館条例
館長 浅野千彰[3]
職員数 53人[3]
公式サイト http://www.library.city.nagoya.jp/guide/m_tsuruma.html
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

名古屋市鶴舞中央図書館(なごやしつるまちゅうおうとしょかん)は、愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目1番155号にある名古屋市立の公共図書館である。通称は「鶴舞図書館」など。

1923年(大正12年)10月1日、大正天皇御大典奉祝記念事業として開館した。前身は1913年(大正2年)に同じ鶴舞公園に開館した私立名古屋図書館で、1923年の市立図書館開館により私立名古屋図書館の蔵書はすべて寄贈され、役割を終えた。なお、市立図書館創設時の職員の一部は私立名古屋図書館時代から継続的に勤務していた[4]

1984年(昭和59年)には建物を新築しており、第17回中部建築賞を受賞している[2]

名古屋市立図書館の中でもっとも歴史が古く、古資料などの収集を行っている。蔵書数は約126.5万冊(2013年現在)であり、大学図書館を除けば全国でもトップクラスである。

点字文庫があり、約6,900件タイトルの点字図書、約8,500タイトルの録音図書を所蔵している。点字文庫の開館時間は午前9時30分から午後5時。

沿革[編集]

[5]

  • 1923年10月1日 - 市立名古屋図書館として鶴舞公園に開館する。
  • 1945年3月19日 - 戦災により焼失する。
  • 1952年8月1日 - 再建中(再開前)ではあったが、名称を名古屋市鶴舞図書館に改名する。
  • 1952年10月1日 - 再開する。
  • 1964年4月1日 - 名称を、名古屋市鶴舞中央図書館に改名する。
  • 1984年4月6日 - 建屋を新築し、供用を開始する。

サービス[編集]

  • 貸出
    • 図書 : 最大6冊、期間は2週間以内。
    • 視聴覚資料 : 最大3点、期間は2週間以内。
  • 開館時間・休館日
    • 火曜日 - 金曜日 : 午前9時30分~午後8時
    • 土曜日 : 午前9時30分~午後7時
    • 日曜・祝日 : 午前9時30分~午後5時
    • 休館日 : 月曜日(祝日にあたる場合は開館し、次の平日に休館)、第3金曜日、年末年始(12月28日から1月4日)、館内整理日(例年、2月下旬から3月中旬)

立地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ English (Tsuruma Central Library City of Nagoya)|名古屋市図書館ホームページ”. 名古屋市図書館. 2013年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 昭和60年度 第17回中部建築賞入賞作品 (PDF)”. 中部建築賞協議会. 2013年9月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 名古屋市立図書館年報(平成25年版) (PDF)”. 名古屋市図書館. 2013年9月3日閲覧。
  4. ^ 『名古屋市の1区1館計画がたどった道 図書館先進地の誕生とその後』 p.28 、薬師院はるみ 著、八千代出版、2012年、ISBN 978-4-8429-1585-2
  5. ^ 名古屋市図書館のあゆみ - 名古屋市図書館
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]