名古屋市交通局N1000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋市交通局N1000形電車
N1000形電車
N1000形電車
編成 6両
営業最高速度 65 km/h
起動加速度 3.3 km/h/s
減速度 4.0 km/h/s(常用最大)
4.5 km/h/s(非常)
車両定員 先頭車 97人(座席31人)
中間車 106人(座席37人)
全長 15,580 mm
全幅 2,548 mm
車体長 先頭車 15,100 mm
中間車 15,000 mm
車体幅 2,500 mm
車体高 3,440 mm
編成質量 140.6t
軌間 1,435(標準軌) mm
電気方式 直流600V
第三軌条方式
編成出力 1,200kW
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 75kW
駆動装置 歯車形軸継手平行カルダン駆動方式
制御装置 VVVFインバータ制御
IGBT素子
制動方式 遅れ込め制御付きATC連動回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ純電気ブレーキ
保安装置 車内信号ATC
製造メーカー 日本車輌製造

名古屋市交通局N1000形電車(なごやしこうつうきょくN1000がたでんしゃ)は、名古屋市交通局名古屋市営地下鉄東山線用の通勤形電車

概要[編集]

東山線としては5050形以来15年ぶりの新形式であり、1980年に登場した5000形の置き換えのため、2007年(平成19年)から急速に順次投入されている。

従来車よりコストダウンを図り、かつバリアフリーの深度化を目指して設計された。1編成当たりの購入価格は約6億3000万円である。

車体[編集]

外観デザインはこれまでの丸みを帯びたものから直線を多用したものに変え、ステンレス製の車体は上飯田線7000形まで採用されていたビードプレス工法をやめ、名古屋市営地下鉄の車両で初めての日車式ブロック工法を採用した。

車両寸法は5050形とほぼ同一であるが、床面高さを従来より60mm下げレール面から900mmとし、ホームと車両床面の段差が約50mmになるように設計されている。

先頭車前面は前照灯の上に尾灯が配置され、非常用貫通扉は運転台から見て右側にオフセット配置されている。行先表示器は名古屋市交通局の地下鉄車両で初めてのLED式とされた。客室の窓ガラスは5050形と同様に東山線の路線特性からカーテンを省略しているが、地上区間での居住性を考慮して熱線吸収着色ガラスを使用した。

冷房装置は薄型集約分散式で、車端部に2基搭載する。

車内[編集]

車内

座席はオールロングシートであるが、構造は上飯田線7000形で採用された片持式を踏襲する。N1105編成以降は座席端部の袖仕切りが大型化され、鶴舞線N3000形と同様、座席の間に二本の手すりが設置されている。

客用ドア上部に千鳥配置で設置している車内案内表示装置はN1104編成までLED式、N1105編成以降は液晶ディスプレイ(LCD)方式(通称「ハッチービジョン」)で、全客用ドア上部にはドアの開閉方向を示す表示器を設置している(N1105編成以降は千鳥配置)。客用ドアの室内側は化粧板仕上げである。また、客用ドア部の床材は識別を容易とするために黄色とされた。

冷房装置搭載部の天井は段差を解消し、結果として室内空間の拡大が図られている。車椅子スペースは5050形の両先頭車への設置から1両に1か所への設置へと拡大された。

運転台の主幹制御器は上飯田線7000形に引き続き右手操作形ワンハンドル式が採用された。さらに運転台にはモニタ装置操作用の液晶ディスプレイがコンソール内に組み込まれている。

走行機器など[編集]

主回路システムは三菱電機製のVVVFインバータ制御であるが、制御素子は5050形のGTOサイリスタからIGBTに変更され、回生ブレーキおよび純電気ブレーキ機能を有する。1基のインバータ装置で4個のかご形三相誘導電動機を駆動する1C4M方式2群を1ユニットとして、中間電動車のN1200形およびN1500形に搭載される。センサレスベクトル制御を採用したことにより、空転時に適切なトルクと回転数を得ることが可能である。主電動機出力は75kW、MT比は4M2Tで5050形と同一である。

冷房装置などサービス機器の電源である補助電源装置もIGBT素子の静止形インバータ (SIV) が採用されており、これは両先頭車に搭載されている。

ブレーキシステムは遅れ込め制御を有するATC連動回生併用電気指令空気式で、両先頭車にはさらに滑走防止機能も搭載する。

台車日本車輌製造製の円錐積層ゴム式ボルスタレス台車で、ホイールベースは1,800mmである。車輪は従来車のせん断形弾性車輪とは異なり、一体圧延防音車輪が採用された。

編成[編集]

藤が丘方面先頭から4両目に当たるN1400形は平日の始発~9:00、17:00~21:00に女性専用車両となる。

形式
高畑
製造年度
N1100
(Tc1)
N1200
(M1)
N1300
(M2)
N1400
(M2')
N1500
(M1')
N1600
(Tc2)
機器類 SIV CONT CP CP CONT SIV
自重 21.5t 25.0t 23.8t 23.8t 25.0t 21.5t
車両番号 N1101 N1201 N1301 N1401 N1501 N1601 2007年
N1102 N1202 N1302 N1402 N1502 N1602 2008年
N1103 N1203 N1303 N1403 N1503 N1603 2009年
N1104 N1204 N1304 N1404 N1504 N1604 2010年
N1105 N1205 N1305 N1405 N1505 N1605 2012年
N1110 N1210 N1310 N1410 N1510 N1610
N1111 N1211 N1311 N1411 N1511 N1611 2013年
N1115 N1215 N1315 N1415 N1515 N1615
N1116 N1216 N1316 N1416 N1516 N1616 2014年
N1118 N1218 N1318 N1418 N1518 N1618
凡例

営業運転開始まで[編集]

藤が丘工場に到着したばかりのN1000形
(2007年10月30日)

2007年10月30日にN1101編成が日本車輌製造豊川製作所から藤が丘工場に輸送され、同年11月11日に同工場で開催された地下鉄開業50周年記念事業のメインイベントにおいて初めて一般公開され、試運転を実施し、2008年3月26日から東山線で営業運転を開始した[1]

2009年2月から2010年10月にかけておおよそ1年1編成のペースでN1102編成、N1103編成、N1104編成が順次落成し、営業運転を開始している。また、2012年度からは、2015年度のATO導入、ワンマン運転化、ホームドア設置に向けて増備が急速に進んでおり、2012年7月から9月にかけてN1105編成、N1106編成、N1107編成、N1108編成、11月から12月にかけてN1109編成、N1110編成が、2013年5月から7月にかけてN1111編成、N1112編成、N1113編成、10月にN1114編成、N1115編成が、2014年6月から7月にかけてN1116編成、N1117編成、N1118編成が順次落成し、営業運転を開始している。

ラッピング[編集]

名古屋開府400周年ラッピング(2010年7月1日)

2010年7月1日より、名古屋開府400周年ラッピングがN1101編成に施された。

今後の予定[編集]

2015年度のATO導入、ワンマン運転化、ホームドア設置に合わせ、車両更新が急速に進んでいく。2014年度に5編成、2015年度に最後の1編成が導入される予定である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 名古屋市交通局技術本部施設車両部車両課「新車ガイド 名古屋市交通局N1000形」『鉄道ファン』2008年3月号(通巻563号)p64 - 67、交友社
  • 公営地下鉄 在籍両数ビッグ3 名古屋市交通局 『鉄道ファン』2009年5月号(通巻577号)p90 - 99、交友社

外部リンク[編集]