同名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物の分類における同名(どうめい、: homonym)は、異なるタクソンに対して使用されている同じ名前を指す。

具体的には、別の生物が同じ学名を持っているとき、それらの学名は同名関係にあり、その学名自身は同名であるとされる。命名規約の旧訳ではホモニム異物同名とも言った。 通常は先取権の原則により、先に名付けられた同名(古参同名・先行同名)が有効になり、後からつけられた同名(新参同名・後行同名)が無効となる。

同名の成立過程には2通りある。

一次同名(primary homonym)
成立時に既に同じ属の・亜種としておなじ名前をつけられてしまった同名。本来ならば命名時からすでに片方は不適格名である。
二次同名(secondary homonym)
成立時には別の属に対して名付けられたため、同じ種小名・亜種小名でも問題はなかったが、その後それらの属がまとめられて同じ属とされてしまったために発生した同名。

関連項目[編集]