吉野浩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉野 浩行(よしの ひろゆき 1939年11月2日 - )は福井県出身の自動車エンジニアで、元本田技研工業代表取締役社長。

経歴[編集]

満州国出身。第二次大戦後、両親の故郷である福井県に引き揚げる。その矢先に大地震が福井を襲い、幼少時の生活は大変苦労したという。その後、高校野球の名門でもある福井県立福井商業高等学校の前身校の乾徳高校を卒業すると、一浪して東京大学工学部航空学科に入学。元プリンス自動車の常務で、後に日産自動車の専務になる中川良一中島飛行機出身)の講義を受け、航空学を学ぶ。将来は三菱重工川崎重工に就職するつもりだったというが、学生時代に参加した軽飛行機の設計コンテストのスポンサーだったホンダを訪問したのを機に、卒業後1963年4月に本田技研工業に入社した。同期には川本信彦入交昭一郎(大学も同期)がいた。

入社後は研究部門の本田技術研究所のガスタービン研究室に配属される。1970年にアメリカで制定されたマスキー法に代表される排ガス浄化対策がクローズアップされると、新たに社内で発足したAP(大気汚染)研究室に移り、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)の公聴会の傍聴や、海外メーカーとのCVCCエンジンの特許契約交渉のために、アメリカと日本を往復する日々を過ごした。

その後、本田技研工業取締役(1983年)、本田技研工業鈴鹿製作所所長(1987年)、アメリカ・オハイオ州にあるホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)社長(1988年)、本田技研工業取締役専務(1990年)、本田技術研究所取締役社長(1994年)を経て、1998年に本田技研工業代表取締役社長に就任した。吉野が社長に就任して3年後に登場した小型車・フィットは、30数年国内販売台数トップを維持してきたトヨタ・カローラを抜いて、日本国内での年間販売台数一位を記録した。

2003年4月23日福井威夫に社長の座を譲り、取締役相談役となる。

2013年4月29日旭日重光章受章。