吉田博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉田 博(よしだ ひろし、1876年(明治9年)9月19日 - 1950年(昭和25年)4月5日)は、日本の洋画家版画家。自然と写実そして詩情を重視した作風で、明治、大正、昭和にかけて風景画家の第一人者として活躍した。

経歴[編集]

久留米藩士・上田束秀之の次男として、久留米市に生まれる。1888年、福岡県立修猷館に入学する。1891年、修猷館の図画教師であった洋画家・吉田嘉三郎に画才を見込まれ、吉田家の養子となる。

1893年、修猷館を卒業し、京都で洋画家田村宗立に師事する。1894年、三宅克己と知り合いその影響で水彩を描き始め、三宅の勧めで上京して小山正太郎が主催する不同舎に入門し、後に明治美術会の会員となる。1898年、明治美術会10周年記念展に、『雲叡深秋』、『雲』などを出品する。

1899年、中川八郎と共に渡米し、デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」を開催する。翌1900年には、ボストン美術館で2人展を開催し成功する。その後渡欧して、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどを巡歴し、パリ万博において、日本現代画家作品展示『高山流水』が褒状を受けている。米国へ戻り、満谷国四郎河合新蔵鹿子木孟郎丸山晩霞、中川八郎などと、ボストン・アート・クラブで「日本画家水彩画展」を開催する。

1902年、前年に解散した明治美術会を引き継ぐ形で、吉田の発案により、満谷国四郎、石川寅治、中川八郎らと太平洋画会(現・太平洋美術会)を結成。同年、第1回太平洋画会展を開催し、『榛名湖』など13点を出品する。1903年の第2回展では『昨夜の雨』など21点を出品している。後に、太平洋画会は黒田清輝らが創設した白馬会とともに、明治時代の画壇を二分する団体として発展していく[1]

1903年、2度目の渡米で、ボストンを拠点に展覧会を開催し、1904年、セントルイス万博に、『雨後の桜』、『昨夜の雨』など3点を出品し、銅賞碑を受賞する。この2度にわたる渡米により、画風の基礎が出来上がり、かつ豊かになった。その後、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCなどで展覧会を開催し、欧州諸国、及びモロッコ、エジプトを巡歴して、1906年帰国する。

1907年、東京府勧業博覧会で『紐育ブルックリンの夕景』が2等賞を受賞。第1回文部省美術展覧会(文展)で、『ピラミッドの月夜』、『新月』などを出品、後者が3等賞を受賞し、文部省買い上げとなる。1908年、第2回文展で『雨後の夕』が2等賞(最高賞)を受賞する[2]。1909年、第3回文展で『千古の雪』が2等賞(最高賞)を連続受賞する。1910年には、第4回文展の審査員に任命され、1913年まで務めている。その後は、無鑑査(鑑査なしで出品できる資格)として毎年文展に出品し、1919年の帝国美術院創立後も、その展覧会である帝国美術院展覧会(帝展)に作品を発表し続けており、1924年以降、数回にわたり帝展の委員や審査員を務めている。早くから風景画を題材とし、特に山岳と建物を好んでモチーフに選んだ。夜の光のもつ情趣を扱った作品も多い。

1920年、新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、渡辺木版画舗から木版画の出版を開始し、1921年、『牧場の午後』及び『帆船』のシリーズを出版する。しかし、1923年、関東大震災により木版画と版木を全て焼失し、三度目の渡米。この時、渡辺木版画舗により制作した木版画7種を持参していくと、思いのほか、好評を得ており、これ以降、温和な画風の木版画の作品が多くなっていった。特大判のもので、数十度摺りとなったものもあった。数多くの富士山を描いた作品を見ると、葛飾北斎から刺激を受けていたと考えられる。ボストンを拠点に、フィラデルフィア、デトロイトなどで展覧会を開催する。

1925年、欧州歴訪の後に帰国し、新宿区下落合に吉田版画スタジオを創設、木版画『アメリカ・シリーズ』、『ヨーロッパ・シリーズ』を自ら版元となり出版を開始する。1927年、日本およびハンガリー現代版画展に40点を出品する。1936年、日本山岳画協会を結成する。1937年、第1回文部省美術展覧会(新文展)に『利尻姫沼』を出品し、李王家買上げとなる。戦時中は従軍画家として中国へ赴いている。

戦後は、欧米での知名度が高かったせいか、吉田のアトリエは進駐軍の芸術サロンのようになった。敗戦直後の1945年(昭和20年)の秋には、いち早くダグラス・マッカーサー夫人も、下落合のアトリエを訪問している。米軍のバンカースクラブ(将校クラブ)での版画講習会や、参加者をつのってアトリエ見学会が毎月開かれるなど、吉田作品の人気はきわめて高かった。1947年、太平洋画会会長に就任し、第3回日本美術展覧会(日展)の審査員をつとめ、『初秋』を出品する。

1950年4月5日、新宿区の自宅で老衰のため死去。享年74。墓所は文京区白山の龍雲院。法名は大機院俊峰徹心居士。

作品[編集]

水彩画[編集]

  • 「雲井桜」 福岡県立美術館所蔵 1899年(明治32年) 
  • 「朝」 1901年(明治34年)~1903年(明治36年)
  • 「雲表」 福岡県立美術館所蔵 1909年(明治42年)

木版画[編集]

  • 「牧場の午後」 東京国立近代美術館所蔵 1921年(大正10年)
  • 「ユングフラウ山」 東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)  
  • 「ヴェニスの運河」 1925年(大正14年)
  • 「ウェテホルン」 東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
  • 「スフィンクス」 東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
  • 「スフィンクス 夜」 東京都現代美術館所蔵 1925年(大正14年)
  • 「雲井櫻」 千葉市美術館所蔵 1926年(大正15年)
  • 「瀬戸内海集 帆船 朝」 那珂川町馬頭広重美術館所蔵 1926年(大正15年)
  • 「瀬戸内海集 帆船 夕」 那珂川町馬頭広重美術館所蔵 1926年(大正15年)
  • 「穂高山」 福岡市美術館所蔵 1926年
  • 「日本アルプス十二題の内 鎗ヶ岳」東京都現代美術館所蔵 1926年(昭和元年)
  • 「日本アルプス十二題の内 針木雪渓」 東京都現代美術館所蔵 1926年(昭和元年)
  • 「桜八題 弘前城」 福岡市美術館所蔵 1935年(昭和10年)
  • 「桜八題 嵐山」 福岡市美術館所蔵 1935年(昭和10年)
  • 「藤之庭」福岡市美術館所蔵 1935年(昭和10年)
  • 「藤之庭 原画」 江戸東京博物館所蔵 1935年(昭和10年)
  • 「池之端」 江戸東京博物館所蔵 1937年(昭和12年) 
  • 「竹林」 福岡市美術館所蔵 1939年(昭和14年)
  • 「竹林 原画」 江戸東京博物館所 1939年(昭和14年)

著書[編集]

  • 『アフリカ・ヨーロッパ・アメリカ写生旅行』 日本葉書会 明治40年(1907年)
  • 『魔宮殿見聞記』 博文館 明治43年(1910年)
  • 『十人写生旅行』 興文社 明治44年(1911年) 中村不折石井柏亭小杉未醒鹿子木孟郎大下藤次郎満谷国四郎らと共著
  • 『高山の美を語る』 実業之日本社 昭和6年(1931年)
  • 『JAPANESE WOODBLOCK PRINTING』 THE SANSEIDO COMPANY, LTD. 昭和4年(1939年)

家族[編集]

夫人のふじを(藤遠)、長男遠志、次男穂高、その夫人千鶴子、その長女亜世美と揃って版画家であり、吉田ファミリーとして著名である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『浮世絵の見方事典』 吉田漱、北辰堂、1987年
  • 『吉田博資料集』 安永幸一 弦書房、2007年、ISBN 4902116898
  • 『山と水の画家 吉田博』 安永幸一 弦書房、2009年、ISBN 486329025X
  • 『よみがえる浮世絵 うるわしき大正新版画展』 東京都江戸東京博物館編 東京都江戸東京博物館、朝日新聞社、2009年

脚注[編集]