吉松育美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よしまつ いくみ
吉松 育美
プロフィール
生年月日 1987年6月21日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本佐賀県鳥栖市
血液型 O型
毛髪の色 Black
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 88 - 61 - 90 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
モデル内容 一般
その他の記録
2012年ミス・インターナショナル世界大会 優勝
モデル: テンプレート - カテゴリ

吉松 育美(よしまつ いくみ、1987年6月21日 - )は、日本タレントミス・インターナショナル2012年グランプリ。IYグローバル合同会社(個人事務所)所属。

人物[編集]

佐賀県鳥栖市出身。聖心女子大学卒業[1]。 実父の幸宏は陸上競技選手として400ハードルで第64回日本陸上競技選手権大会優勝[2]モスクワオリンピック陸上競技日本代表[3]であった(日本がボイコットしたため出場出来なかった)。 自らも小中時代はバレーボールで活躍[3]佐賀県立鳥栖高等学校時代に佐賀県高校総体女子100mハードルで優勝[4]するなど、アスリートとしての一面を持っている。2012年には東京マラソンでフルマラソンにも挑戦した。

2012年「ミス・インターナショナル日本代表」に選出され、沖縄県で行われた「ミス・インターナショナル世界大会」に出場。このコンクールにて日本人として史上初となるグランプリを受賞し[5]、ミス・フォトジェニックとあわせて2冠を手にした。その後、自身の地元佐賀県鳥栖市で凱旋パレードを行い、約1万3000人の人々が集まった。

2013年1月、バラク・オバマアメリカ大統領の2期目の就任式に招待され、同日ジョン・ケリー上院議員とも会話をする機会に恵まれた。

しかし、ミス・インターナショナル世界グランプリの任期満了の直前になって、脅迫やストーカー行為の被害を受けていたことを自らのブログで告白した[6][7]。ブログによると、グランプリ獲得後に独立した際、別の某事務所(パールダッシュと見られる)に移籍するよう圧力をかけられ、同社が反社会的勢力とのつながりを疑われていることを理由に断ると、ストーカー行為や脅迫が始まったという。コンクールを主催する国際文化協会から「体調不良を理由に世界大会への参加を自粛してほしい」との要請を受けたとされている[8]。このため、本来前回大会グランプリとして出席する予定だった2013年度の同コンクールのグランプリ受賞者へのたすき王冠の引継ぎへの参加もできなくなった[9]

佐賀新聞のインタビュー、日本外国特派員協会における記者会見では黒幕と見られるケイダッシュ役員でパールダッシュ社長・谷口元一を威力業務妨害で告訴しまた民事でも提訴(損害賠償請求)したと声明[7]。「これは私の問題であると共に、社会問題でもある。女性のためにも立ち向かい、社会が変わるきっかけになれば」と語っている。吉松によれば、谷口は実家の電話番号を調べて両親に電話を入れ、川田亜子の名を挙げて「同じ目に遭うかも」と語ったという。「脅迫にしか聞こえない」と述べている[10][11]。この事件はワシントンポスト[12]ABCニュース[13]などの米国メディアに加えてフランス[14]、スペイン[15]、イタリア[16]などの欧州メディアやベトナム[17]などの東南アジア諸国でも報道されワールドワイドな関心を集めたが、日本の大手メディアは一様に沈黙を守った。

2014年2月下旬には、自身がネット署名募集サイトchange.orgに於いて立ち上げた”STALKER ZEROキャンペーン~被害者が守られる社会へ〜”への賛同者が約12万人に及んだ他[18]安倍昭恵などもストーカー被害の救済を支援するとしている[19][20][21]

14年3月29日(現地時間)放送のCBSラジオ「Women's Media Center Live with Robin Morgan」において、「Japanese right wingの中には、『慰安婦売春婦だったので謝罪する必要はない』という意見も出ているが、だが生き残った人々(慰安婦被害者の女性)の実際の証言を聞いて、そうではないという意見もある。日本人としてこうしたコメントを恥ずかしく、また謝罪することが問題とすら考えられているのに憤りを感じる」などと率直に語ったところ、吉松のブログやSNSに、(誤読や早合点的な趣旨や投稿者の素性が疑わしい文面を含めて)批判が多く寄せられた。これに対し吉松は自身のブログを通じ「一部翻訳により皆さんに誤解と混乱を招いた」「今回の発言には勉強不足、かつ英語でのインタビューで言葉足らずな部分もあり、皆さんに大変な混乱と誤解を招きました」などと釈明した[22]

活動[編集]

ミス・インターナショナルグランプリを通じたイベント、メディアへのゲスト活動が中心。 自身が考案したとされる「学生外交グローバルネットワーク」に力を入れ、世界の子供たちのために活動。内閣府が主催する「少子化タスクフォース」の委員にも選ばれた他、2020年オリンピック招致アドバイザーも務めた。

2013年1月1日をもって、独立。自身の事務所「IY GLOBAL」を設立し、自身のコピーライト、トレードマークを全て自社で管理している。

自身が執筆した初の書籍「Making世界一」と写真集「IKUMI YOSHIMATSU HOLLYWOOD DEBUT」を出版。写真集はアメリカ、ロサンゼルスで出版記念イベントを行っている。

出演・取材を受けた番組・出演したイベント[編集]

  • NHK おはよう日本
  • NEWSゼロ(日本テレビ)
  • 金スマ(TBS)
  • 笑っていいともテレフォンショッキング(フジテレビ)
  • スッキリ!(日本テレビ)
  • はまなまるマーケット(TBS)
  • 世界丸見え!テレビ特捜部「世界の美男美女特集」(日本テレビ)
  • 天才テレビくん(NHK教育)
  • バンキシャ2時間SP生出演
  • ウェークアップ!ぷらす
  • 元旦特番「日本が見た60年」(NHK)
  • ナイトシャッフル(FBS)
  • ランスマ!(BS)
  • 日曜ビッグバラエティー「突撃訪問!有名人の仰天ペアレンツ」
  • CBS NEWS (米国)
  • ABC NEWS(米国)
  • for〜歓声を生んだ感動ストーリー〜(テレビ朝日)
  • 辰巳琢郎の葡萄酒浪漫(BSフジ)

雑誌[編集]

講演会活動[編集]

  • 佐賀県立鳥栖高等学校 講演会「諦めなければ夢は叶う!」
  • 佐賀県立東高等学校 講演会
  • 鳥栖市立香楠中学校 講演会
  • 鳥栖市立鳥栖中学校 講演会
  • セミナー(グローバルコミュニケーション講座)
  • セミナー(綺麗な姿勢はオーラを作る)
  • 子宮頸癌啓発イベント
  • パナソニック企業講演「日本人が世界で戦うということ」
  • Begin講演会「世界一になるために」
  • 日本ケーブルテレビ連盟講演会
  • 「食育フェスタ」トークショー&講演会 

その他活動[編集]

  • IOC招致委員 内閣総理大臣安倍晋三による公式晩餐会 出席
  • オリンピック招致決起会特別ゲストスピーチ
  • 東京マラソン エキスポ開会式 特別ゲスト
  • 東京マラソン スターター
  • 東京マラソン フレンドシップラン ゲストランナー
  • 内閣府 少子化対策検討会議メンバー
  • 青年会議所(IJC)会頭対談
  • 学生外交グローバルネットワーク(日本、アメリカ)
  • さが桜マラソン ゲストランナー
  • 未来への道1000Kmリレー ゲストランナー(岩手県陸前高田市)

受賞歴[編集]

  • ミス・ビキニ・インターナショナル2007準優勝(日本代表として)
  • ミス・インターナショナル2012世界大会優勝(日本人初)
  • ミスフォトジェニック賞受賞
  • 佐賀県鳥栖市市民栄誉賞受賞
  • 2012年ベストビューティストアワード 特別賞
  • カンロ受賞 のどオブザイヤー
  • サクラメント(カリフォルニア州州都)から感謝状
  • ロサンゼルスから感謝状

関連書籍[編集]

著書[編集]

PHOTO COLLECTION[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年、「ミス・インターナショナル」審査員デヴィ・スカルノのブログより。
  2. ^ 過去の優勝者・記録 男子400mハードル
  3. ^ a b 朝日新聞 2013年1月1日朝刊第3部 8面
  4. ^ ミス・インターナショナル誕生 郷里に勇気
  5. ^ “日本代表の吉松さん優勝 ミス・インターナショナル”. 日本経済新聞. (2012年10月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO47517250S2A021C1CR8000/ 2014年2月27日閲覧。 
  6. ^ 心配してくれている皆様へご報告 吉松育美オフィシャルブログ2013年12月11日
  7. ^ a b “ミス・インターナショナル吉松育美 涙の告白 私を襲った“ストーカー男”と“盗撮探偵”【全文公開】”. 週刊文春. (2014年2月20日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3680 2014年2月26日閲覧。 
  8. ^ “ミス世界、フィリピン代表に栄冠 前年ミスが異例の欠席”. 共同通信. (2013年12月17日). http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121701002491.html 2014年2月26日閲覧。 
  9. ^ 最後の役目奪われた 吉松さんブログで告白(2013年12月11日 佐賀新聞 同12月14日閲覧)
  10. ^ ミス・インターナショナル2012優勝の吉松育美氏が脅迫被害の実態を告発 大手芸能プロ役員が協賛企業に圧力か インディペンデント・ウェブ・ジャーナル2013年12月16日
  11. ^ 外国人記者クラブにて記者会見 吉松育美オフィシャルブログ2013年12月16日
  12. ^ Japanese beauty queen barred from ceremony
  13. ^ Japanese Beauty Queen Barred From Ceremony
  14. ^ "Miss Internacional" denuncia el infierno de las agencias de modelos de Japón
  15. ^ Miss Internacional denuncia a la agencia de modelos K-Dash
  16. ^ Dietro le modelle la mafia: terribile accusa dal Giappone
  17. ^ Không thể trao vương miện cho người kế nhiệm vì đang bị... đe dọa Cong an nhan dan online
  18. ^ “ミス世界、ストーカー被害で大手芸能事務所幹部を提訴~脅迫的行為で世界大会欠席”. ビジネスジャーナル. (2014年3月14日). http://biz-journal.jp/2014/03/post_4375.html 2014年3月23日閲覧。 
  19. ^ “ミス世界が激白、ストーカー&脅迫行為の大手芸能事務所幹部を告訴「仕事も奪われた…」”. ビジネスジャーナル. (2013年12月26日). http://biz-journal.jp/2014/02/post_4235.html 2014年2月26日閲覧。 
  20. ^ “安倍昭恵夫人、ストーカー被害「ミス世界一」を全面支援! 「特定秘密保護法の批判するなら彼女のことを報じて」”. J-castニュース. (2013年12月26日). http://www.j-cast.com/2013/12/26193043.html 2014年2月26日閲覧。 
  21. ^ “首相夫人の安倍昭恵さん、前ミス・インターナショナル吉松育美さんのネット署名活動に協力”. ハフィントンポスト. (2014年1月11日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/10/yoshimatsuikumi_n_4578817.html 2014年3月23日閲覧。 
  22. ^ “「慰安婦に謝罪する必要ないという考えは恥ずかしい」 ミス世界一・吉松育美さんの発言に批判殺到”. J-castニュース. (2014年4月8日). http://www.j-cast.com/2014/04/08201563.html 2014年4月9日閲覧。 

外部リンク[編集]